オンステージ! ~アンサンブル・カーテンコール!~

作者 岩谷ゆず

12

4人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

第10章 ここが私たちのステージ (6) 私たちが過ごす時間 までを読んでのレビューです
レビューを読むような方はある程度のネタバレも覚悟しているはず、という前置きをした上で








非常に面白いです。
秋田のテーマパークを舞台にした少女達の青春物語、まさに作品紹介の通りなのですが、まずなんといってもテーマパークの描写の精密さが物凄い。

(物理的、体制的な)テーマパークの構造とそこに潜む問題点、社内教育から勤務形態、果ては部内で採用しているタイムレコーダーのアレコレにまで言及する徹底ぶり。
少しばかりの取材と研究、というレベルではおよそ到達不可能だろうと思われる圧倒的なリアリティは、見事という他ありません。のみならずテーマパーク以外の物事にもリアリティの追及を怠らず、さながら本当に9人の少女とパークのキャストが実在するかのような錯覚を覚えます。まずこのリアリティを体験できるだけでも読む価値は十二分にあるでしょう。

しかしこの作品は、リアリティを突き詰めた四角四面なだけのものではありません。
この作品にはリアリティ以外にも大きな魅力が、二つあります。
このふたつは、なんと言えばいいのか。ある種「少年漫画」と「少女漫画」の魅力、とでも言えばいいのでしょうか。あるいは「外界的変化」と「内面的変化」/「フロンティアストーリー」と「シンデレラストーリー」etc……上手い言葉が見つかりませんが。

物語の中で、少女たちは周囲に支えられながら様々な内面的葛藤を乗り越え、パークの花形(アイドル)とも言うべきパーク・アンバサダーとして花開こうとしています。彼女らは個性はあるものの、普通の女の子です。
これだけ書くとドラマチックで美しいですが、同時に受け身さも垣間見える……ように見えるかもしれません。正にシンデレラの物語です。
しかし、そこでもう一つの描写が効果的に働きます。
物… 続きを読む