アウスグス賢王記 ~星の霊使、破壊の使~ 

作者 powy

62

23人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

魔法や聖霊が出てくるファンタジーの世界であるものの、主人公の感じた疑問や憤りは誰しもが共感できるもので分かりやすく、最後まで感情移入して読むことが出来ました。

我が儘を言うならば、もっとこの世界を堪能したい。魅力ある其々のキャラクターがもっと活躍する場面を読みたい。
あわよくば外伝という形で補完されて更にこの世界が続かないだろうかと。

そう願いたくなるほどに、とても魅了されました。

★★★ Excellent!!!

しっかりした世界設定と、魂の入った登場人物。
序盤からの展開にぐっと引き込まれ、そのまま読み進められる秀作です。

時折はさまれる「外伝」で少し読み進める勢いが阻まれてしまうのですが、
作者が表面だけではなく、深い部分まで個々の性格や心の動きを把握しているのがよく判ります。
多くの人に目を通して欲しい一作です。

★★★ Excellent!!!

ファンタジーは足元がふわふわしたら捲る手が無情にも止まってしまう読者です。
ケータイ小説でもこれだけの世界観を繰り広げられることに驚愕。
成長するクレイユノには魅せられますね、彼の言葉と振る舞いからハッキリ意識が伝わってくる、これポイント!
どんどんストーリーに引き込まれ、
奥行きある世界観のもつ描写だけではなくその他の登場人物も周りをガッチリ固めてる。
父親が彼に託し願った想いは……
読者が想像する展開に、予想を反したり前を行く設定って心が浮き立つ要素なんですね。何かが凌駕してく感覚に堪らなくくすぐられます。
クライマックスはクレイユノの心と賢さが世界をどう救うのか楽しみです。
同時に終わってしまうことがとにかく残念。続きの構想とかあったらうれしいな~



★★★ Excellent!!!

冒頭から緊迫感ある筆致で物語が展開する――と同時に、物語世界の奥深さが読者の前に広がって行く。
ファンタジー小説の醍醐味の一つが、そうした物語展開と世界観、双方の魅力に酔いしれるところにあるとしたら、本作は、冒頭からそれが実現されていると思います。

2015年の「共幻文庫 短編小説コンテスト(第7回)」で優秀賞を獲得した短編「空、抱く者」で感じた強さは、本作でも遺憾なく――むしろより顕著に、発揮されていると言え、読者は存分に、薬師見習いのクリノとともに、この広大な物語世界を堪能することができるはずです。