なずな・マジックドアの不思議な旅

作者 まよなかちわわ

34

15人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!


絵本、いや
えほん
小説といった感じではないけれども
新しいジャンルを垣間見た気がしました。
素直に読みやすかったです
他の作品も含めての感想になってしまいますが
一作一作が短いので少し時間が空いた時、電車のなかで少しずつ読ませて頂いております。

心が疲れた時に羽を休めるために
帰ってきたくなる場所ですね

これからも頑張ってください!

Good!

話の1つ1つが短く、描写や単語を説明し過ぎないところに童話っぽさを感じます。しかし決して理解し難いものでなく、作中のキャラ達と一緒に冒険の世界に没入できます。

そんなキャラ達も、物語を立体的にする色彩として鮮やかに描かれています。
清きを好む騎士として少女を守るユニコーン……というより、子供らしさが全面に出ているダイヤモンド。共に旅する母性的ななずな。あまり見かけないような組み合わせのコンビが印象的でした。

そんな二人がこれからどんな物語を歩んでいくのか、今後に期待です。

★★★ Excellent!!!

ファンタジー、という言葉がしっくり来るのは確かなのですが、ファンタジーという言葉の表わす世界は広すぎて、あまり良く言い表せていません。

童話、なのでしょうか?
そもそも自分この「童話」の「童」という表現が好きではありません。
『大人もたしなむ童話』という表現であれば、それに近いかもしれません。

タイムマシン出てくるけど、スチームパンク?
……違いますねコレ。

あなたが幼い頃より愛してきた、好ましいもの。
そうしたモノコトたちが、歌うように登場し、語られる物語かと。

それでは今日も扉をくぐりましょうか。
タイムマシンに乗って。