第8話 対決

 死霊が持っていた精神力をり込むことで、自身の思考力や記憶力を強化できるらしい。


 もし本当であれば、実社会では極めて有用だろう。


 同時にコトハの言葉に、引っ掛かりも覚えた。


「もしかして、死霊って元人間なの?」


「………そう、よ」


 どこか詰まった返事である。


 ともかく最低限の情報は分かった。

 後はおいおい把握していけばいいと、サナユキは頷く。


「分かった。ともかく死霊を吸収して、今日は自分の祟術たたりじゅつで帰るから」


「そうね。それなら早速、向かいましょう」


 3人は簡単な準備をして、コトハ達が拠点としている廃屋を出た。

 数歩歩き、ふと、元いた所を振り返る。


 ――豪邸だな


 もといた場所は、サナユキが住む街でも特に富裕層が多いエリアであった。


「早くー行くよー」


 サエが手を振る。


「今、行く」




 吉祥寺駅方面へと向かう一行。

 所々に落ちている目の付いた卵は、相変わらず気色が悪い。

 ほどなく走る電車も無い鉄橋の近くへと辿り着いた。


 3人は身を隠しながら、ガード下を覗き見る。


「居た。ちょうど1体ね」


 コトハの視線の先には、1体の黒い影人間、死霊がある。


「場所によって死霊の数が違うの?」


 真っ直ぐこの場所に向かってきた。

 ということは死霊の数が少ないことを分かっていたのだろう。


「少し前まで、この辺りに強い死霊が居着いてたの。他の死霊は怖がってあまり寄り付かない」


「……それって危なくない?」


「大丈夫。最近あまり見ないから他へ行ったみたい。むしろ今は少数の死霊しかいない絶好の狩り場」


「なるほど」


 コトハが静かに左手から木をはやし、影狼を喚ぶ。


「2人はここで見てて。絶対に祟術たたりじゅつの棒を離さないで。怪我してもサエが治せるから、サナユキはサエを守ることが最優先。そうすれば、まず死ぬことは無いから」


 サナユキは静かに頷く。


 コトハが影狼のチコへ目配せする。

 大きく深呼吸して、影狼とコトハが飛び出し、駆け抜けた


 ――あれが人の速さッ!?


 まるでバイクで飛び出したかのような速度だ。


 すぐさまガード下の死霊へと接近する。


 最初に影狼チコが首元へ喰らいついた。

 不意打ちを喰らった死霊が必死に払おうするが、追い打ちをかけるように、コトハが鎖を器用に操り、死霊を縛りつける。


 勝敗は一瞬で決した。


「コトハは私と会う前から、たくさん死霊を喰べてるからね。1対1だと、まず負けないよ」


 サエが誇らしげに語る。

 軽々とコンクリートを砕くような化け物に勝てるのだから、確かに凄いものである。


 そして5分ほど経ったとき。


「……終わった」


 ガード下から声が響いた。

 狼の前足の下には、ピクリとも動かなくなった死霊が転がっている。


「サナユキ、こっちに来てから取り込んで」


「オーケー」


 コトハの呼びかけに応じて、木の棒を握ったまま、サエと2人で向かい始める。


 そのまま並んで、ガード下へと足を踏み入れたとき、怖気を感じた。


 ――何だ?


 時を同じくして、コトハと狼が、急に走り出した。

 ひどく困惑した様子である。


「上ッ! 避けてッ!」


「え?」


 見上げた瞬間、垣間見えたものは、陸橋の天上に張り付いたヘドロのようなモノが落ちてくる様子。

 そして、上から振ってきた黒いカーテンに視界が閉ざされた。


 一瞬間を置いて、黒いカーテンが引き裂かれる。

 影狼のチコである。


 その大きな口で、隣を歩くサエをくわえ、膜の外へと引きずり出した。


 サナユキも咄嗟にチコへと掴まろうと左手を伸ばす。


 掌で何かを掴んだ瞬間、急激に体が引き寄せられる。

 体が、くの字に曲がりそうだ。


 それも僅かな時間。


「な、んだ」


 急にサナユキを包んでいた闇が消え失せた。

 すぐに光を感じ、周囲の景色が飛び込んできた。


 そこは薄暗い地下街だった。


「どこだ……ここ」


 さきほどまで間違いなく地上にいた。

 それが一瞬で地下街に居る。


「……駅の地下みたい、ね」


 振りかえると、コトハが緊張した様子で周囲を見渡していた。

 気がつけばサナユキはコトハの手を握っている。


「うわ」


 慌てて左手を離す。

 チコを掴もうと伸ばした手は、コトハを掴み、一緒に飛ばされてきたようだ。


「ごめん。巻き込んじゃったみたい」


 コトハは首を振る。


「いいえ、私から握ったの。1人だと危ないと思って」


「さっきの黒いヤツ、何?」


「……死霊のトラップよ。チコとも大分離れちゃった」


「トラップ?」


 小刻みに指先が震えるコトハ。

 さきほどから頻りに周囲を警戒している。


「おそらくここは死霊の巣よ。ともかく早くここから逃げ――」


 コトハが言葉を急に止め、サナユキへと飛びついた。


「なに!?」


 地面へと押し倒され、サナユキの上にコトハが覆いかぶさった。

 直後、何かが破裂するような音がする。


 目に飛び込んだモノ。


 腕を振り抜いた死霊である。


 倒れた2人を覗き込むように、上に立っている。

 おそらく奇襲の攻撃をコトハが助けてくれたのだろう。


「逃げて」


 サナユキの横へと倒れ込むコトハ。


「早く一緒に――」


 上体を起こすと、コトハの背中は真っ赤に染まっていた。

 サナユキを咄嗟にかばった時に、傷を負ってしまったのだろう。


 ――背中に傷が……


 死霊が爪の付いた腕を振り下ろす。

 コトハに息の根を止める一撃である。


「させるかッ!」


 爪を木の棒で受ける。

 地面に腰を落としたままで、力が入らない。


 凄まじい力で手に握った棒が吹き飛ばされそうになる。

 このまま押し切られれば、コトハの命が危ない。


 否が応でも、棒に入る力が高まり、奥歯がギギと音を立てる。


 拮抗はすぐに終わった。


 死霊が体を捻り、蹴りを放ったのだ。


「ぐはッ」


 サナユキの体は吹き飛ばされ、壁へ衝突。

 壁が凹み、タイルが剥がれ落ち、頭上へ降り注ぐ。


 だが、サナユキは真っ直ぐと死霊を見ていた。


「あんまり……痛くない」


 骨折は避けられない無い程の衝撃であったはず。

 だが、僅かな痛み程度しか感じない。

 一体どういうわけか、体が頑丈になっているようだ。


 戸惑いながらも、冷静に現状を考えている自分がいる。


 やけに思考がクリアだ。

 これが精神力の向上なのかもしれない。


 ――いける


 サナユキは立ち上がり、一気に駆け出す。


 それは今まで感じたことの無い程の加速である。

 まるで体全体がバネにでもなったかのようだ。


「うおおおッ!」


 死霊と急接近。


 加速の中、木の棒を袈裟斬りに振り抜いた。


 体は極自然と動いた。

 かつて何千回も何万回も、体に染み付かせた剣道の型通りに。


 サナユキが通り過ぎた場所で、死霊が崩れ落ちる。

 肩から脇腹にかけて袈裟斬りにされ、2つの塊となって。


「すごい……」


 コトハから声を漏れ出た。

 すぐさま唖然とするコトハへと駆け寄った。


「早く戻って、サエに治してもらわないと!」


「それは……無理そうね」


 コトハの視線の先には、5体の死霊が映っていた。

 皆、冷たい眼で、こちらを見ている。


「チコが居な……い今、逃げることもできない。サナユキだけでも……逃げて」


 そう言ってコトハが左手から黒い鎖を垂らしながら、無理やり立ち上がる。

 深い傷を負った背中から、血が滴り落ちた。


 生霊がどういうものか知らないが、こんな状態で動き回れば、命はないだろう。



 サナユキは黒い木の棒を強く握りしめた。

 恐怖に震える指先を抑えるように。


 ――何でだろう、怖いのに……


「体が……動く」


 サナユキは、コトハを素通りし、駆け出した。


「ダメッ!」


 コトハの言葉を置き去りにする。


 合わせたように死霊たちも、一斉に襲いかかった。


 見る間に、最前の死霊と肉薄。


 攻撃を避けながら、1体を斬る。


 直後、左頬ひだりほほを殴り飛ばされた。


「ぐッ」


 床を転がるサナユキ。

 倒れた所をめがけて、死霊が飛びかかってくる。


 ――負けるかッ!


 突き出した棒を、死霊の胸へと沈め、貫通。


 見計らったかのように、左右から2体の死霊が迫る。


「クソッ!」


 すぐさま胸から棒を引き抜き、立ち上がりながら、左側の死霊の胸を斬り上げる。

 流れるように棒を上段から振り下ろし、右側の死霊を肩から斬り落とした。


 ――次はどこだッ!?


 背後から気配を感じる。


 ――後ろッ


 振り向くと、死霊の手刀が迫っている。

 蹴りや打撃なら耐えられる。

 だが、鋭利な斬撃は命を刈り取る一撃だ。


「まだだぁッ!!」


 咄嗟に、木の棒を正中に構え、攻撃をいなす。


 一歩、踏み込み、体を至近させる。


「お前が突き刺されろ!」


 そのまま死霊のアゴの下から、串刺しにした。


 棒が頭の埋まり固定される。


 直後、脇腹に衝撃が走る。


 見計らったように、死霊に蹴り上げられたのだ。


「ぎッ」


 天井へと激突。


 痛みを堪え、すぐさま体を起こす。

 そのまま天井を蹴り、急降下。


「うおおぉおッ!!」


 木の棒を、死霊の脳天へと突き刺した。


 舞い上がった土煙。

 崩れた天井や壁。


 そして、死霊の屍だけが残った。


「はぁ はぁ はぁ はぁ」


 瞳孔が開き切り、肩で息をする。


「そんな……」


 コトハは信じられないものを見たかのようだ。


 ――悪くない


 時間にしては1、2分だったというのに、激しい疲労感だ。

 それでも、どこか心地よさがあった。人生でここまで体と心を解放したことはないと思える。



「早く死霊たち……を食べて。死霊を捕食すると……精神だけじゃなくて、体も……頑丈になるから」


 コトハが半分瓦礫に埋もれた死霊たちを指差す。

 もう少しこの心地よい疲労に包まれていたかったが、ここは運動場ではない。死霊達が、いつまた襲ってくるかもわからない場所だ。


「わかった」


 右腕からはえる木の棒を動かなくなった死霊へと近づける。

 すると、木から細かい根が降りるように死霊へと絡みつき、一気に吸い上げていく。


「これ以上体が頑丈になると、たぶん人間扱いされなくなるね」


「身体能力の向上……は、たぶん異界に居るときだけ」


「そっか」


「コトハも取り込んで。死霊の屍で強化できるなら、チコを呼び戻して外へ出よう」


 コトハは首を振る。


「今、チコを戻したら……サエを1人で放り出すことになる」


 サエの祟術たたりじゅつはは治療に特化したものなのだろう。死霊に襲われれば、ひとたまりもない。


「なら、早くここから出ようか」


「そう……ね」


 と、コトハが答えた直後、よろけた。

 すぐに肩で支える。


「ごめんない……血を……流しすぎたみたい」


 黒いセーラー服の背中が破れており、服は殊更に黒く染まっている。

 本人は気丈に振る舞っているが、先程までのようなしなやかさも無く、足に力が入っていない。


「……急ごう」


 駅の地下街。

 現世では何度か来たことのある場所である。階段がどこにあるかくらいは知っていた。

 まずは一番近くにある階段へと向かう。


 だが。


「……崩れてる」


 目の前に広がるのは瓦礫にもれた階段。


「違……う所を探しま……しょう」


 その後も、よろけるコトハを支えながら、階段を探していくが、どれも崩れていた。


 最後の1つは、地下街の端にある階段だ。


 地下街の端近くにある噴水ホールへと近づいたとき、グチャ、グチャという音が聞こえ始めた。


「何か、いる」


 小声でコトハがつぶやく。

 薄暗い中、近くの雑貨屋に隠れながら、そっとホールの中心を覗いた。


「……大きい」


 今まで倒してきた死霊より二回りは大きいのだ。

 まるで物語で出てくるオーガのようだ。


 オーガが地面に這いつくばりながら、何かを漁っていた。口元を動かす度にグチャ、グチャという咀嚼音が静かな地下街に響く。


 ――羽がある


 骨のようなものが、右肩から一本突き出ていた。

 手に握りしめた木刀と同じ黒い木のようで、羽というより1本のつのといったほうが適切かもしれない。


 さらに目を凝らす。


「死霊を……食べてる」


 地面には息絶えた死霊がおり、それをむさっていたのだ。


 コトハの掠れた小さな声が耳に届く。

 それは悲鳴のようにも聞こえた。


「なんで……祟術たたりじゅつ持ちの死霊が……いるのよ」


 「祟術持ちの死霊?」


 コトハは顔面蒼白となっていた。

  • Xで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

新規登録で充実の読書を

マイページ
読書の状況から作品を自動で分類して簡単に管理できる
小説の未読話数がひと目でわかり前回の続きから読める
フォローしたユーザーの活動を追える
通知
小説の更新や作者の新作の情報を受け取れる
閲覧履歴
以前読んだ小説が一覧で見つけやすい
新規ユーザー登録無料

アカウントをお持ちの方はログイン

カクヨムで可能な読書体験をくわしく知る