夜が明けるまでに

こむらさき

真夜中

恭助きょうすけー! ただいまー! 今日は大当たりしちゃってさぁ」


 薄い木製の扉は、勢い良く開いたせい大袈裟な音を深夜の安アパートに響き渡らせた。

 勝利の美酒も少しだけ飲んで、ほろ酔いで良い気分での帰宅だった。


「……おう、おかえり」


 都心部ならどこにでもある1Kの狭いアパートには万年床が敷いてあって、床に直起きされたデスクトップパソコンとモニターがある。

 シンクの前で立っているあいつの雑に一つにまとめた黒髪が目に入ってきて、それから少し遅れて異物へと視線が向かう。

 見慣れた恭助きょうすけの部屋だったのに、どうしようもなく無視出来ない異物。それは人間のように見えた。


「まさひろ、俺、やってもうたわ」


 あっけらかんとそう言い放った恭助きょうすけが無造作に床に落としたのは、頭がかち割られている見知らぬおっさんの体だった。


「これ、俺のおとん」


 短く刈り上げた総白髪のおっさんの顔は血まみれでよく見えないが、さすがのこいつも人を殺して冗談をいうわけはないだろう。

 もう遅いかもしれないが、とにかく慌てて玄関の扉を閉めて、それから両腕に抱えていたパチンコの景品を靴箱の上に置いた。

 見開かれた目のまま硬直している死体を跨いで、血まみれの手でタバコに火を付けている恭助きょうすけに駆け寄った。


「朝になる前の方がいい」


「は?」


 とにかく、死体を片付けないといけない。

 車ならいつものパーキングに停めてある。今の時間なら、きっと目撃者も少ないはずだ。

 血がなるべく車に付かない方が良い。ドラマでみたことがある。ビニールシート……はなさそうだからゴミ袋を代わりにして……。


「なにいっとんねんお前」


 コンロの下の収納に入っているゴミ袋を取るために立ち上がって、恭助きょうすけに退いてくれと言おうとした時だった。しばらくぼうっとしていたこいつは、あろうことか紫煙をオレの顔に吐き出しながら眉間に皺を寄せる。


「だってこれ。片付けた方がいいだろ?」


 乾いた笑いを浮かべた恭助きょうすけは、横髪を耳にかけながらタバコをもう一吸いした。

 細長い首の割に大きな喉仏がゆっくりと動き、うすい唇がわずかに開く。オレはこいつがタバコを吸うのを見るのが好きだった。


「お前、ほんまにアホやな」


 少しの間、見とれていたら溜め息と共に紫煙が吐き出された。煙はふわふわと漂って回されっぱなしの換気扇の方へゆったりと運ばれていく。


「通報するって発想はないんか」


「そうしたら、恭助きょうすけと一緒にいられなくなる」


 自分でも、その言葉を口にしたことに驚いていたけれど、恭助きょうすけはもっと驚いていたらしい。

 普段は眠たげにしている目を丸く見開いてこちらを見てから、フッと息を漏らすようにあいつは笑った。


「ゴミ袋とガムテと……その毛布で包めば荷物っぽく見えないかな」


「……ギリギリアウトちゃう?」


「んー丸出しよりはマシだと思うけど」


 二人してシンクの下の棚を漁り、使えそうなものを引っ張り出す。

 今時珍しい黒の不透明なゴミ袋、それから布ガムテを死体の横に並べて、オレたちは作業に取りかかる。


「まあ、丸出しよりはそらええやろうけど」


「じゃあ、オレは車とってくるから続きやっといて」 


「待て待て待て待て」


 作業を止めて、車を持ってこようと立ち上がったオレの腕を恭助きょうすけが掴んだ。


「いや、お前、飲んで帰ってきたやろ」


「殺人の片棒を担ぐんだから、飲酒運転なんか誤差みたいなもんだろ」


「そらそうやけど」


 酔っていなくても、酒を飲んだら飲酒運転だ。飲酒運転はすべきではないというのは正しい。

 でも、オレの言い分の方が今は正しいというのが伝わったのか、恭助きょうすけは掴んでいた手を離してくれた。


「じゃあ、行ってくる」


 玄関の扉を開くと、家に帰るまでは感じていなかった冬の寒さが身に染みる。

 駆け足で駐車場まで行き、乗り込んだ軽自動車をアパートの前まで運転をする。

 酔いなんてもうとっくに醒めている。いっそのこと、もう一度部屋に戻ってから一杯キメた方が覚悟も決まるかもしれない。

 階段を静かに上って玄関の前で深呼吸をしてから、扉を開く。

 

 扉を開いた瞬間に、あいつの親父が起き上がって「どっきりでした」と言ってくれないかと少しだけ期待していた。でも、やっぱりそんなことはなくて、鉄臭さと生臭さがムワッと漂ってくる部屋で恭助きょうすけがデカい塊を梱包している光景が目に入ってくる。


「運ぼう」


 どう見ても死体が入ってそうな塊だ。でも、正気に戻る前にこれを処分したかった。

 その後、どうしよう。部屋は……。職質にあったら?

 ぐるぐると考えが巡って手も足も止まりそうになる。それでも、やるしかない。高校時代から少しずつ少しずつこいつと仲良くなって、何度も告白して振られて、ようやく手に入れたこいつとの幸せな日々だったんだ。

 不器用でけんかっ早いからトラブルをよく起こすやつだったけど、まさかこんなことになるなんて。

 二人で塊の両端を持ってゆっくりと階段を下りていく。

 車のボンネットを開けて死体を放り投げるように入れ、乱暴に閉めた。


 誰かに見られるかもしれないという緊張からか、オレたちの口数も少なかった。

 運転席に乗り込んでエンジンをかけると、恭助きょうすけも助手席に座って律儀にシートベルトを締めた。

 オレも慌ててシートベルトをして、自分が思っているよりもテンパっていることを実感する。

 住宅街が静かだからか、エンジンを噴かす音がやけに響いて聞こえる。明日になる前に、早く忌々しいことはおしまいにしてしまおう。


「まさひろ、ありがとうな」


 タバコに火を付けながら、恭助きょうすけがぽつりとそう漏らした。

 どんな表情をしているのか見る勇気が無くて、オレは前を向いたまま適当に相づちを返す。

 アクセルを踏む足が重い。


恭助きょうすけとなら、地獄へ行くのだって怖くない」


「アホか」


 それからなんでもない話をしながら、車を走らせた。海に向かうのかも山に向かうのかも考えないまま。

 冬の夜は長い。だから、時間はあるはずだ。

 どこにも到着できずに、本当に地獄ってやつに向かっているのかもしれない。

 ただ、少しでも長くこいつといられたらいいなって、そんなことだけ考えながらただただ車を走らせることしかオレには出来なかった。

  • Xで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

新規登録で充実の読書を

マイページ
読書の状況から作品を自動で分類して簡単に管理できる
小説の未読話数がひと目でわかり前回の続きから読める
フォローしたユーザーの活動を追える
通知
小説の更新や作者の新作の情報を受け取れる
閲覧履歴
以前読んだ小説が一覧で見つけやすい
新規ユーザー登録無料

アカウントをお持ちの方はログイン

カクヨムで可能な読書体験をくわしく知る