巡と優海 車にはねられたら優しくて美人でスタイル抜群のお姉さんができた話

八幡ヒビキ

第1話 「お姉さんになってくれませんか」

 不幸中の幸い、交通事故で複雑骨折の重傷を負って長期入院となっても、オンライン授業の環境ができていたおかげで、桜井巡さくらい めぐるは無事、高校3年生に進級できることになった。そんなに勉強が好きという訳ではなかったが、他にやることがなかったからか、期末テストの成績は爆上がりした。最後のオンライン授業を終えて、タブレットの画面を消す。


 巡は病室ベッドの上から、窓の外の光景を眺める。


 もう1ヶ月近く眺めている海だが、少し色が変わってきたことにも気づいている。

 海は空の色を反射するというから、空が明るくなっているんだろうか、と巡は想像する。海は冬の重苦しさを脱ぎ捨て、明るい青へと変わりつつあった。


「俺、これからどうなるのかな」


 すっかり口癖になったその言葉を自分自身、嫌だと思う。


 考えても仕方がないので、壁に立てかけてある四点杖を手にし、屋上に向かう。彼の病室は最上階にあり、1階分しか上らないのに、3分かけて階段を上る。鈍い痛みに耐え、動悸をこらえる。


 屋上は入院患者の気分転換に解放されているだけでなく、医療従事者たちの憩いの場にもなっており、何故かトレーニングベンチやバーベルなどのトレーニング機器が散乱、いや、設置してある区画もある。巡の目的地はここである。


 トレーニングエリアには先客がおり、巡は脂汗を流しながら、その先客に頭を下げる。先客は巡の主治医の大貫先生で、彼はここの主であり、重度のトライアスリートで、スモーカーの不良中年だ。法律が変わって屋上でもタバコを吸えなくなったので、今はVAPEを吸っている。ニコチンがないからどこで吸っても問題はないはずなのだが、世間体を考えて屋上で吸っていた。今もトレーニングベンチに腰掛けて吸っているところだ。


「授業終わったか?」


「はい。ちゃんと受けてますって」


「学生なんだから当たり前だっつーの。無事進級できそうか?」


「そら、ちゃんと授業に出てますから」


「オンラインで授業に出られてもまだ3週間は娑婆に出られないぞ。新学期もここだ」


「長い」


「お前、左脚にプレート8枚、右脚に2枚、ボルト3本入れたばかりなんだぞ。常識で考えろ、常識で」


 大貫先生はケッ、と吐き捨てた。


「複雑骨折の常識なんて普通の人にはないと思います」


「お前――正論だな!」


「勤務中でしょ? さっさとどいてくださいよ。ベンチプレスやるんだから」


「これは俺の機材だっての。つーか、禁止、禁止、重いもの持つな。超痛いだろ」


「筋肉落ちたら大変だぞってめちゃくちゃ脅したの先生でしょ?」


「あとで止めに来るからな!」


 そう言い捨てて大貫先生は屋上から去って行った。なんだかんだいい人なので巡は彼が好きだった。


「おー、お姉さん来たぞー」


 大貫先生の声がしてトレーニングベンチにウェイトをセットしていた巡は声がした方を向く。屋上の出入り口前に大貫先生と姉――佐野倉優海さのくら ゆうみの姿があった。


「今日は一段とお美しい。優海さん。ご機嫌いかがですか」


「いつも弟が世話をかけております。先生もお元気そうで何よりです」


  おっとりとした口調にはお嬢さまというだけでは足りない上品さがある。


「ええ。元気ですとも。今晩、私、非番なんですがお食事をご一緒にいかがですか」


「既婚者と一緒にお食事なんてあり得ません」


 優海は凍り付いた笑顔で返す。


「ええ、もちろん妻も一緒ですとも」


 優海は一変して微笑する。


「お前は病院食な!」


 遠くから巡を指さし、大貫先生は階段を駆け下りていった。昼の休憩時間はとうに終わっていたに違いない。看護師長(奥さん)にまたこっぴどく怒られるのだろう。


「大貫先生、今日も面白いね」


 優海はくすくす笑いながらトレーニングベンチまでやってくる。


 巡は立っているのがつらくなったのでベンチに座った。


 先生が言うとおり、優海は今日も美人だ。優しくて頭がよさげな双眸に、形の整った小さな鼻、薄くリップを塗っただけなのに桜色に輝く唇と満点に近いパーツが揃っている。いわゆる清楚系の美人だが、単にそれだけではなく気品が漂っている。小顔で七頭身半、男の目を引く抜群のプロポーションで、今日はただのテーラードジャケットに男物の白いシャツとストレートパンツで肌面積は極少にも関わらず、ジャケットからパン! と飛び出しているバストは目を向けてしまうだけでも犯罪なのではないかと思うほどだ。このご時世なので大学でのミスコンはなくなったが、もし開催されていたらミス海洋産業大学は間違いない、と巡は思う。


「優海さん」


 優海は巡の口を人差し指で塞ぐ。


「『姉さん』でしょう?」


 優海は指を離した。


「姉さん……今日も来たんだ。研究の準備は?」


 長い栗色の髪が海風に揺れ、蒔絵風のカチューシャの金色の部分が陽に輝く。


「オンラインで教授に相談できたよ。その場で課題が出たけど、なんとかなりそうだから来ました」


 優海は風で顔にかかった髪を指で整える。そんな仕草一つにも巡はときめく。彼女との出会いも『不幸中の幸い』としか言いようがないのだが、自分の少し先の未来のことを思うと、彼女との出会いが望むべくない幸いであったとしても、あの出来事がなかった方が良かったと思わない日はない。もちろん別の形で出会えていたのだとすると望外の喜び・大歓喜だったのだが、その場合は相手にされていなかっただろうなとも巡は思う。


「お土産もあるよ」


 ブランドものではないが、一目で良いものとわかるレザーのレディーストートバッグから、ドラッグストアで買えるプロテインの袋が出てくるのはまだ少し違和感がある。 


「助かる。病院食じゃ絶対にタンパク質が足りないから」


「困ったものね~普通の人だったらバランスがとれているはずなのに……」


 優海は小さく首を傾げ、プロテインを巡に差し出す。巡は受け取ったそれをトレーニングベンチに置く。


「嬉しいけど、優海姉さんが買ってくることないんだよ」


「……だって」


 優海は困り顔だ。巡はそれでも言葉を続ける。


「保険会社からもう一時金が出たし、俺、何も困ってないよ」


「だって、私、巡くんの『お姉さん』だから」


 優海は微笑で答えた。


 不覚だった。まさかこんなことになるとは思わなかった。いや、あのときは何も考えていなかっただけなのだが、こんなにも優海が『お姉さん』役にはまるとは巡は夢にも思っていなかった。


「横に座っていい?」


 かわいらしく首を傾げる優海のお願いを巡が断れるはずがない。巡は風向きを確認し、優海が風下に座れるよう、少し座っている場所をずらした。優海は巡の横にぴったりとくっつくようにして座る。風上にいるはずなのに髪からいい匂いが漂ってきて、巡は心臓の高鳴りを覚える。腰と太ももが触れ、布越しでも彼女を感じ、平常心、平常心と心の中で繰り返す。


「事故を起こして、巡くんが大けがをして、入院して、何度も手術して、リハビリがんばっているのは、みんな私のせいだって、もちろんわかっているの。巡くんが私を恨んでもしかたないって思ってる」


「恨んでなんかないですよ! あんなところでスプリントを始めた俺が悪いんですから!」


「でも、私がはねたことに変わりはないし、何より、巡くんのお願いが『本当にお姉さんになってくれませんか』だったから……」


 それは紛れもない事実だ。事故が起きたあと、救急車を待っている間に彼女は車をすぐ近くの有料駐車場に入れ、もう1人の事故の当事者と一緒に巡を歩道まで移動させ、止血をし、できる限りのことをした。警察よりも先に救急車が到着し、混乱していた巡には何が起きたのか、どうしてそうなったのかわからないが、何故か優海が巡の姉ということになり、一緒に救急車に乗って、この病院に搬送される巡に随伴した。救急車に乗っている間に、巡は優海に姉を演じてくれるようお願いし、個人情報満載のエマージェンシーカプセルとマイナンバーカードをこっそり手渡して、搬送されたこの病院の入院手続きを乗り切り、そのまま院内では『姉』ということになった。名字が違うのは別の人に引き取られたからだ、ということにしてある。


「前にも言いましたけど、師匠オヤジ、あの日はG1レースの全日本選抜に行っていたから、心配を掛けたくなかったんです。優海姉さんのアドリブには感謝していますよ」


 師匠オヤジというのは巡の里親で、競輪の師匠でもある。巡が説明した理由は大きな割合を占めていたが、本当の理由は別にある。しかしそれは自分のお願いの通りに姉を演じてくれている当の本人に、巡は言えずにいる。


「マイナンバーカード持ち歩いていて良かったね」


「実際いつ事故るかわからないから、持ち歩いている自転車乗りは多いと思います」


 優海の横顔を見ようと巡がちら、と隣に目を向けると目が合ってしまった。優海はにっこりと微笑み、巡は動揺して俯いてしまう。


「かわいい」


「男にかわいいなんて言わないでください」


「巡くんは、まだ『男の子』ですよ。本当にかわいいし」


 悔しいが、大人の女の優海さんから見ればそうなのだろう。3つしか年が離れていないのに、ぜんぜん違う。きれいで、やさしくて、いつも笑っている。しかめっ面ばかりしている自分とは大違いだ。そう、巡は嘆く。


「巡くんは、お姉さんをドキッとさせるようなとってもいい男に必ずなるから。しかも極近い将来。すごく期待していますよ」


 優海が巡の顔をのぞき込み、ピンクの唇が目に飛び込んでくる。


「あー! ウェイトトレーニング始めます!」


 巡は慌てて立とうとしたが、両足にプレートが入っている状態だ。すぐに立てるはずもなく、よろめき、優海が抱きかかえて巡の上半身を支える。またいい匂いがしただけでなく、今度は豊かな胸の中に顔を突っ込んでしまった。


「お姉さん、巡くんが心配だからいつも来ているのよ」


「当たってます、当たってます。っていうか埋まってます!」


 胸の柔らかさとブラジャーの感触の両方がよくわかる。


「巡くんにだったら嫌じゃないから、いいの」


 むしろ優海は支える腕の力を強くし、しっかりと巡を支えてから座らせた。


 巡の顔面に優海の柔らかさが残った。


 今度はゆっくりと慎重に立ち上がり、ベンチプレスのウェイトを調整する。ウェイト1つ移動するにも脚に激痛が走るが、巡はそれもリハビリと思うようにしている。


「男の子だねえ」


「もうそれはいいです」


「ううん、そういう意味じゃなくて」


 優海はベンチからどいて、隣のパイプ椅子に腰掛ける。


 巡は何が違うのかわからなかったが聞くことなくベンチプレスを始める。今は50キロだ。今までやっていなかったトレーニングだから、まだまだということもわかるが、今はやれることをやるしかないと思うようにしている。上半身に筋肉をつけ、身体の使い方を覚えることはきっと近い将来、役に立つと信じている。


「あのあと、警察の人にものすごく怒られたのよね。事故現場から離れてはいけませんって。非常識だったなあと今なら思うけど、あのときは正しい気がして、実際今でも、救急車で運ばれる巡くんに付き添って本当に良かったと思ってる。だってこんな風に君を見守れるから」


 俺も優海さんとこんな時間を過ごせて幸せです、と巡は言いかけたが、それは加害者である彼女にとって重荷になる言葉かもしれない。だから巡は今日も押しとどめる。


「今日は何時までいるんですか」


 ベンチプレスを続けながら優海の方を見ることなく聞いた。


「お昼まだだから、ここで食べて、デザートも食べて、巡くんの夕ご飯の前には帰ろうかな。病院のwifi使わせてもらえるの、助かる。ここでも調べ物できるし」


「すっかり病院の住人ですね」


「巡くんが入院している間は、ね」


 優海はトートバッグからおにぎりパックと紙パックの野菜ジュースを取り出し、遅めの昼食を取り始めた。


 ベンチプレスの休憩の間、脇腹周りの筋トレをする。脚を動かせない分、地味な場所のトレーニングにも時間を割ける、と巡は前向き思考でいる。しかし、もがけなければVo2MAX(最大酸素摂取量)は下がる一方だ。今できるのはネガを潰すしかないこともわかるが、つらい。


「巡くんの分のデザートもあるよ。一緒に食べよう?」


 コンビニスイーツのプリンを掲げ、優海は巡に声を掛ける。


「食べません! プロテインだけでもカロリーが!」


「本当に食べないの? 巡くんと一緒に食べたくて買ってきたのに」


 優海の顔を見ると涙目だった。


「食べます」


 優海はぱああと笑顔になり、トレーニングベンチに座る巡の隣に移る。


「最初からそう言えばいいと思います」


 プリンは200kcl前後もある。軽い筋トレしかできない今、1時間で消費できるカロリーは150kclほどだ。完全にオーバーだが、優海の笑顔には代えられない。


 普段食べることのないプリンは甘くて舌触りがよく、実においしかった。


「どうして姉さんはプリンを食べてもそんなにスリムなんだろう」


「普段食べている量の差じゃないかしら。三食きちんととっているけれど、量はたいしたことないもの。朝ご飯は小さめのお椀に雑穀米を平らに盛って、お新香と、お味噌汁で十分だし、お昼はおにぎりで済ませることが多いし、甘い飲み物は飲まないから、そこで余分なカロリーをとることもないわ。夜は、ほら、一人暮らしを始めたばかりでしょう? お料理がんばっているんだけど、レシピだと2人前とかが多いから、作りすぎてしまうのよ。だから、続けて同じものを食べているから、あまり外食もしないし……なんか地味な生活なのがバレちゃった?」


「俺なんかこれまでがっつり食ってたから、未だに病院食じゃ物足りなくて。でも計算されて出ているんだよな……」


「巡くんは自転車でいっぱいカロリーを使うから、必要だったのよね?」


 巡は頷く。


「ざっくりと計算はしてたよ。体脂肪率も10%前後だったから、気を抜くとすぐに増えるからね」


「それはすごいね。私なんか24%もあるのに」


「だって優海姉さんは女性だから。普通の体脂肪率じゃないかな」


「そう言ってくれて良かった」


 優海の笑顔を見ると癒やされる。そしてどれだけの男がこの笑顔を目の当たりにしていたのか、これから目の当たりにするのか、考えるだけでもメラメラと嫉妬心が湧き上がってくる。しかし優海が誰にこの笑顔を向けようと自分にはどうしようもないことだ。彼女とは被害者と加害者の関係でしかなく、なりゆきで姉を演じて貰っているだけなのだ。それが家族がいない自分にとってどれほど大きな、大切な宝物になっているのか客観的にはわからず、恐ろしさを感じた。もし失われたとき、自分はどうなるのか、巡には想像できなかった。


「――巡くん?」


 巡は首を横に振る。


「ううん。なんでもなくて……その、作りすぎるくらいだったら姉さんの手料理を俺が食べたいですよ」


「私も、巡くんに食べさせてあげたいなって考えながら作っているの」


 ふふふ、と優海は声を出して笑った。


「お菓子とかは作らないんですね」


「だって、食べ過ぎの原因になるでしょう?」


「自転車の練習を再開出来るようになったら、是非、作ってくださいよ。補給食にみんなおいしくいただきますから」


「楽しみにしているね――でも、そのときはもう私が『姉』である必要なくなっているかな?」


 どう彼女をつなぎ止めればいいのか、巡にはわからない。だから、正直に言葉にするしかない。


「俺が退院しても、優海さんが飽きるまで『姉さん』でいてくれると嬉しいです」


「私、一人っ子だって言ったじゃない? 兄弟がいるのに憧れていたから、巡くんの『お姉さん』になれて今、本当に楽しいの。だから、しばらくの間は『お姉さん』でいるね。でも『お姉さん』でいたくなくなるときが、来るかもしれない」


「そのときは仕方がないです」


 そして巡は小さくため息をつき、優海も同じように小さくため息をついた。


「君はわかってない。でも、今はそれでいいと思うの。だって本当にまだ『男の子』なんだから」


 何がわかっていないというのだろう。赤の他人なのだから、いつかは姉を演じることに飽きがくるだろう。優海が何を言わんとしていたのか、巡は理解できなかった。


「でも、言質はとったから、今日はとってもいい日。私が『姉』を演じていたいだけ演じてもいいって巡くんが言ってくれたんですもの」


「そんなに楽しいものですか」


「楽しいですよ、それはそれは」


 優海は目を細め、巡は頬が熱くなるのを感じた。


 デザートのあと、優海はタブレットに向かって来年度の準備を始める。彼女はこんど大学の3回生になり、本格的にどんな研究をするのか春休みのうちに道筋を立てておかなければならなかった。普通の女子大生だったら、この休みに羽根を伸ばすのだろうが、優海の学部は在籍する海洋産業大学の中でも理系なので忙しいらしい。


 優海はスマホのラジオアプリをBGM代わりに百面相をしながらタブレットをのぞき込んでいる。偶然にしてはできすぎていたが、スマホからは『モーツァルトの百面相』が流れ始めた。


「一休みすれば?」


 ストレッチをしながら巡は心配になって声をかける。


「そうだね。大学でやりたいことがいっぱいあって、選ぶのが難しいんだ」


 巡はその話題には応えられず、話題を変える。


「優海姉さん、もし時間があったら明日にでも高校まで連れて行ってくれないかな。受け取るものがあるらしくって。荷物も持って帰らないとならないし」


「私の運転でいいの?」


 優海もまた心配げな顔をしてしまう。それはそうだ。交通事故の加害者の運転で牽かれた車に乗るのだから、普通はない話だろう。


「姉さんの助手席に乗りたいな」


「複雑だけど、ものすごく嬉しいです。フィアット500うちの子ピカピカにしておくね」


「姉さんの車には謝らないとな。傷つけちゃったから」


 優海はクスッと笑う。


「それはお互い様だし、もうきれいに直っているから、きっと許してくれるよ」


 巡は自分の自転車に思いをめぐらせる。あの損傷では作り直すしかないだろう。ずっと気になっていたが、師匠オヤジはまず身体を治せとだけ言っていた。


「ありがとう」


「お礼には及びません」


 得意げな顔も愛らしい優海だった。



 

 2人は病院食の配膳時間前に屋上から去り、優海は病室まで巡を送る。優海が病室に入ると、他の入院患者が、おお、と声を上げる。すっかり病室のアイドルだ。中には拝む人までいる。


 優海は巡をベッドに座らせてから、病室をあとにする。そして巡は窓際に四点杖で歩いて行き、病院玄関前ロータリーを見る。端の駐車スペースに優海のマリンブルーのフィアット500が停まっていて、優海は乗り込む前に巡の病室の階を見上げ、小さく手を振って乗り込んだ。


 そのとき、彼女の長い髪が優雅に揺れた。


「『姉さん』か――」


 巡はフィアット500が視界から消えるとベッドに倒れ込んだ。


 優海のことを考えるといつもの口癖は、不思議と巡の口から出なくなっていた。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

新規登録で充実の読書を

マイページ
読書の状況から作品を自動で分類して簡単に管理できる
小説の未読話数がひと目でわかり前回の続きから読める
フォローしたユーザーの活動を追える
通知
小説の更新や作者の新作の情報を受け取れる
閲覧履歴
以前読んだ小説が一覧で見つけやすい
新規ユーザー登録無料

アカウントをお持ちの方はログイン

カクヨムで可能な読書体験をくわしく知る