売れないラノベ作家がアルコール依存症になった話

ながやん

第1話「長物守という人のこと」

 どうも、こんにちは!

 こんばんはの人もおはようの人も、お疲れ様です。

 僕です!

 長物守ながものまもること、ながやんです。


 実は紆余曲折を経て、どうやら僕はアルコール依存症じゃないかという話になりました。それで、いつも通ってる心療内科(両極性障害とアスペなんだけど、その薬を処方してもらってる)の先生と相談して、治療を行うことになりました。

 なので、そのことを書き残しておこうかなと。

 ではでは、軽く自己紹介しておきますね。


 僕は東北のとあるド田舎県に住んでる、ラノベ作家のおっさんです。

 りんごの国に住んでて、冬は雪が結構やばい街ですね。

 で、今から十年程前にラノベ作家としてデビューしたのですが、思うように売れる作品が書けずに打ち切りばかりで、僕自身の素行不良もあって現在はレーベルの担当者さんがいないフリーの状態です。ようするにラノベ浪人ですね。


 去年に父が亡くなり、今は老いた盲目の母と二人暮らしです。

 趣味はゲーム、アニメ、ガンプラ、そしてお酒!

 そう、お酒はとても大事な趣味でした。

 落ち込んだ時、悲しい時、パーッ! と盛り上がりたい時……何をするにも、お酒は欠かせぬ存在でした。両親もお酒が好きで、よく三人で飲んでましたしね。

 ただ、節度を守れずに四六時中飲みたくて飲んでるようになった。

 それで「あっ、これって依存症だ」と思った訳です。


 先日から投薬による治療を始めました。

 今、禁酒して5日目になります。

 シラフでこんなに長い時間を過ごすの、何年ぶりでしょうかね……今のところ、執筆作業には影響はないです。ただ、一部の作品を執筆する為に、酒の力と勢いを借りていた時期もあったし、趣味の作品なんかは割と飲みながら書いてましたね。

 どうして僕がアルコール依存症になったのか。

 アルコール依存症の人って、どんな暮らしをしているのか。

 そして、治療ってどういう暮らしをしてるんだろうか。

 なるべく正直に赤裸々に綴っていきたいと思います。

 このエッセイを読んでもらって、少しでも読者の皆様がアルコール摂取に節度を持ってくれること、身体をいたわってくれることを望んでやみません。健康って尊い……そのことを「失って初めて気づく」ってことにならないように、どうか参考にしてもらえればうれしいです。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

新規登録で充実の読書を

マイページ
読書の状況から作品を自動で分類して簡単に管理できる
小説の未読話数がひと目でわかり前回の続きから読める
フォローしたユーザーの活動を追える
通知
小説の更新や作者の新作の情報を受け取れる
閲覧履歴
以前読んだ小説が一覧で見つけやすい
新規ユーザー登録無料

アカウントをお持ちの方はログイン

カクヨムで可能な読書体験をくわしく知る