生き別れの妹とダンジョンで再会しました 〜10年間ダンジョン内で暮らしていたら地底人発見と騒がれた。え、未納税の延滞金?払える訳ないので、地下アイドル(笑)配信者になります〜

長久

『10年振りの地上、人の世に認められる為』編

第1話 プロローグ(1)

「――ぇ……」


 ひ、光が見える? 

 しかも……俺が神通力じんつうりきや謎の力で出した光ではない。


 これは――まさか、電気!?


 い、一体何年振りに目にする電気の光だろう!?

 こんな洞窟に、電気が……。まさか、やっと救助が来たのか!?――10年越しに!?


 ――どうするのじゃ、向琉あたる? 行って見るか?


 脳内に響く声に、俺はどうしたものかと戸惑う。

 左腰にいた太刀――白星はくせいが脳内に直接話しかけて来た『行って見るか?』という言葉にだ。

 そこには多分、人が居る。

 救助が来たのかもしれない。……でも、突然の事でどうしたら良いのか、頭が回らない!


 白星はくせい、お、俺はどうしたら良いと思う?


 ――わらわに聞くな! ま、まぁ……人工の灯りじゃろ? 人が居るのは間違いない。まずは観察するのも、1つの手ではないか?


 そうだよな……。よし、姿を隠しながら近づいてみよう!


 フッと気配を絶ち、俺は自宅――道場の敷地から外を目指す。

 10年前、天心無影流てんしんむえいりゅうの師範であり――俺の目の前で殺されたジジイが張った結界から出る。


 ヤバい……。結界が張られた道場の敷地外へ出るのに心臓バクバクで緊張するの――10年振りだわ!


 バクバクと拍動する心臓を右手で押さえつけ、俺は洞窟内の岩棚をピョンピョンと跳びながら光に近づく。


 ――まるで光に群がるのようじゃな。


 ねぇ、そういう傷つく事を言わないで?……というかさ、ずっと封印されてたのに、なんでそういう事を知ってるの?


 ――ふん。ネットじゃ! わらわはズッと、ネットで退屈をしのいでいたのじゃ!


 うちの道場の神棚で封印されていた御神刀ごしんとう、封印されてた間にネット使ってたのか……。ネット料金払えよ。どんな端末で見てたんだよ?


 光までもう数十メートルという距離へ近づいて来た。


 やばい、人の気配がする! 間違いなく電気の光だ!

 なんて眩い……。夜の道路を工事している時に使ってたみたいな、あんな光を放つ物体が宙を浮かんでいる。

 え、これってUFO?

 そのUFOに照らされながら、1人の少女がオドオドと怯えて洞穴の地べたにへたり込み――。


「――い、嫌! こ、こんな終わり方……。だ、誰か……」


 槍をブンブンと振り回しながら、後ずさっている。

 彼女の前には、俺のご近所に良く出現する野犬――の進化形みたいな、5メートルぐらいある野良犬……まぁモンスターがにじり寄っていた。


 ――ふむ。モンスターに襲われておるな。見た所、向琉あたるを助けに来た救助隊じゃないようじゃ。


 そうみたいだね。それぐらい、俺にも分かるよ。でもさ、なんでこんな所に武装した少女が居るの?


 ――向琉と一緒に洞窟へ飲み込まれた妾に聞かれても……。取り敢えず、助けて恩を売るか?


 言い方ぁ……。でも、そうだなぁ……。弱肉強食って言葉があるし、自然界で捕食して捕食されてを邪魔するのはちょっと……。見た所、武装もしてるから狩る覚悟もあったんだろうしなぁ。


 狩るなら、狩られる覚悟もしないと。

 俺も10年間――命を狩って、狩り続けて……命の大切さを文字どおり噛み締めて来た訳だしな。


〈逃げて! こいつ、未確認のモンスターだ!〉

〈ヤバいヤバいヤバい! 誰か助け行けって!〉

〈無茶言うな! トラップで深層に飛ばされたのを助けに行けるかよ! 多分、危険度S級の深層だろ!? ここ!?〉

開拓者かいたくしゃが死ぬとこ見たくないからシャインプロ所属の子を追ってたのにいいい〉


 ひ、人の声が沢山、洞窟内に木霊こだまするけど……。その姿は見え無い。なんか左手に巻いてる光る腕時計みたいな物から、機械音声が流れてる……?

 ああ、同じ人間という種族の情からか、助けたくなる。でもなぁ、自然の摂理に反してるんだよなぁ……。


那須涼風:なすすずかオーナーとマネージャー社長に聞いて来た! 逃げて、死なないで! まだ一緒に開拓者やりたいよ!〉


「す、涼風すずか……」


 機械音声から人の名前らしき言葉が流れると、少女がハッとした表情に変わる。


〈ああ、同じ『トワイライト』のメンバーが……〉

〈やべぇ……。アイドルグループ同士の絆が……〉

〈もう無理、俺は落ちる! こんなの見てられないって!〉

〈きついきついきついって〉


 狼狽ろうばいし、まともに槍を振れていなかった少女が――ゆっくり、立ち上がった。

 おお、根性ある少女だなぁ……。頑張れ、そのモンスターはそんな強くないからな!

 俺はグッと拳に力を込め見守る。

 応援を決め込む事にして岩へ腰を降ろし――。


旭深紅あさひみく:よく立った、美尊みこと! 今からウチらも『冥府行めいふゆきのダンジョン』に向かうから! 諦めないで!〉


涼風すずか深紅みく……。分かった、私は諦めない」


 ギュッと槍に力を込め、構える少女。


 というか……え? 今、美尊みことって言った? 俺の妹――ジジイの養子になる前、一緒に暮らしてた妹と同じ名前だ。血の繋がってる可愛いマイシスターと。

 最後に会ったのは10年前、6歳だったか。……似てる。美人だ。でも――瞳が碧い。髪も後ろの一部が淡い青色に染まっている。美尊みことは黒髪黒目だった。違う人……だと思う。

 でも……美尊みことが成長してオシャレをしたら、きっとこんな美少女に――。


「――こんな所で死ねない……。行方不明のお兄ちゃんを見つけられるように、私は強くなるんだから!」


 お兄ちゃん。


 その言葉を聞いた瞬間――勝手に身体が動いていた。脊髄反射せきずいはんしゃのように。



―――――――――――

ここまで読んで下さり、誠にありがとうございます!

途中、胸クソとも御指摘をいただきますが……流し読みでも良いので、せめて第一部最後までお付き合い頂けますと幸いです!┌○┐


楽しかった、続きが気になる! 

という方は☆☆☆やブクマをしていただけると嬉しいです!

ランキング影響&作者のモチベーションの一つになりますのでよろしくお願いします!

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

新規登録で充実の読書を

マイページ
読書の状況から作品を自動で分類して簡単に管理できる
小説の未読話数がひと目でわかり前回の続きから読める
フォローしたユーザーの活動を追える
通知
小説の更新や作者の新作の情報を受け取れる
閲覧履歴
以前読んだ小説が一覧で見つけやすい
新規ユーザー登録無料

アカウントをお持ちの方はログイン

カクヨムで可能な読書体験をくわしく知る