【祝!1900万PV突破!】あーさんのダンジョン飯配信~おっさんサラリーマンの週末の楽しみ~

金剛石成

第1話 定時退社

「お先に失礼しますー」


そういっていそいそと職場から退出する。

今日は金曜日、繁忙期も終わって久しぶりの定時退社だ。


「お疲れ様でしたー」


チームメンバーも片づけをしながら答えてくれた。

俺の名前は田島安来太(たじま あらた)。職業はシステムエンジニア(SE)。今年で30になる。

地元熊本で大学を卒業し、今は派遣として大手会社で働いている。

妻と二人の子を持つ親でもある。

知り合いから「リア充爆発しろ」とつつかれたりしているが

おおむね充実した日々を送っている。


「田島さんも帰宅ですか?」


エレベーターを待っていると後ろから声をかけられた。

振り返ると眼鏡をかけた男性がリュックサックを背負いながら手を振っていた。


「あ、代理。お疲れ様です。今日は定時で上がるところです。」


チームリーダー兼課長代理だった。


「繁忙期もやっと終わりましたからねー。あ、そうだ。今から街で飲みに行くんですけど田島さんもご一緒しませんか?」

「あー、すみません。今日はちょっと…」


酒の席は基本参加する性分だが今日だけは参加できそうにないので頭を下げる。


「急なお誘いをしたのはこちらですから、頭を下げないでください。家庭を持つとなかなか自由な時間が取れませんもんね」


会社の前で代理と別れて駐車場に向かう。

代理には申し訳ないが今日は家族サービスで早く帰るわけではない。

いや、基本家庭サービスで定時で帰宅するのだが、金曜日だけは違う。



俺の数少ない趣味の一つ、ダンジョンで飯を食べるために。


――――――――――――――

初めての投稿になります!

一話ごとの文字数もあんまりわかりませんがぼちぼち投稿していきたいと思います。

  • Xで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

新規登録で充実の読書を

マイページ
読書の状況から作品を自動で分類して簡単に管理できる
小説の未読話数がひと目でわかり前回の続きから読める
フォローしたユーザーの活動を追える
通知
小説の更新や作者の新作の情報を受け取れる
閲覧履歴
以前読んだ小説が一覧で見つけやすい
新規ユーザー登録無料

アカウントをお持ちの方はログイン

カクヨムで可能な読書体験をくわしく知る