グラティールの公爵令嬢

てるゆーぬ(旧名:てるゆ)

第1章1話:転生


私は奈川理緒(ながわりお)。


20歳。理系大学生。


大学の帰り道、車にはねられて死亡し……


最近プレイしていたファンタジーゲーム【グラティール物語】の世界に転生した。




転生時、女神様が以下のようなことを言った。


1:転生する先は、ファンタジーRPG【グラティール物語】をベースにした異世界であること。


2:ゲーム異世界だけどセーブやロードはなく、蘇生そせいもできない。1度死んだら終わりだから注意すること。


3:転生特典はないので、自分の力だけで頑張ってね。


いや、厳しい。


一個ぐらいチートスキルとかくれてもいいんじゃ……


と、思ったが、無視された。


ゲーム知識や前世知識でなんとかしろ、ということであった。







そして転生。


【グラティール物語】の世界では、生まれたばかりの人間は皆、精霊界に預けられる。


そして精霊界で100年の眠りにつかなくてはいけない。


その100年で、精霊たちが人間の魔法回路を開いてくれるのだとか。


だから私も、100年間、精霊界に預けられた。


まあ、ずっと眠っていただけだけどね。


そして眠りから覚めて、ようやく異世界での生活がスタートすることになった。








ミアストーン公爵家の屋敷――――


それが、私の家であった。


精霊界から転送されてきた私は、その屋敷の一室に立っていた。


テーブルと天蓋てんがいつきのベッドがある。


壁際かべぎわ姿見すがたみがあったので、自分の容姿を確認してみる。


青髪のセミロング。


赤い瞳。


ローブ姿。


ふむ……


(これが新しい私、ですか……)


お嬢様みたいなたたずまいだ。


まあ、お嬢様なんだけどね。公爵令嬢だし。


ちなみに名前はルチル――――ルチル・ミアストーン。


年齢は100歳。


いきなり100歳から始まるとかぶっ飛んだ世界だよね。


赤ん坊や少年期をすっ飛ばして、最初から成人なんだから。


まあ100歳といっても、見た目は20歳ぐらいだけどさ。


ちなみにルチルはゲームにおいては主人公……


ではなく、脇役だ。


しかもあんまり重要な役回りではない。


たまに出てくるぐらいのモブ。


まあ、主人公みたいな波乱万丈な人生は私には無理だし、それがお似合いなのかもね。


と、そんなことを考えていたとき。


トントン。


「失礼いたします」


ノックの後に、メイドが入室してきた。


「お待ちしておりました、ルチルお嬢様。副メイド長をつとめております、アリアです。以後お見知りおきを」


そのメイドは、肩にかかるぐらいの黒髪と黄色い瞳を有していた。


メイドとしてベテランかんのあるたたずまいである。


「あ……えと、その……」


どうしよう。


言葉がわからない。


私は困惑する。


メイドはそれを承知しているかのように、私の手を引いた。


「精霊界から下界げかいしたばかりですから、言葉がわからなくても仕方ありません。さあ、皆様がお待ちですので、どうぞこちらへ」


メイドに手を引かれ、私は部屋を出る。






そのあと。


私は公爵家の家族たちと顔合わせをおこなった。


父と、母と、姉。


それからメイドや執事のみなさん。


みんな精霊界から下界した私のことを祝福してくれた。


まあ、言語は全然わからなかったけど……


夜には屋敷内でパーティーが開かれた。


美味しい料理と。


使用人のみなさんによるおもてなしと。


両親と姉からのプレゼントをもらった。


どうやら私は、暖かな家族に恵まれたようだった。


そのことに安堵あんどしつつ、私はパーティーを楽しんだ。




―――――――――――――

あとがき:

本作はアルファポリスにてHOTランキング1位、ファンタジーランキング1位などを達成している作品です。


(詳しくは以下の近況ノートより)

https://kakuyomu.jp/users/teru0024a/news/16817330667693904964


たくさんの方にご好評いただき、大変感謝しております!


はじめて読まれる方も、2周目以降の方も、ぜひ本作をお楽しみください!!

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

新規登録で充実の読書を

マイページ
読書の状況から作品を自動で分類して簡単に管理できる
小説の未読話数がひと目でわかり前回の続きから読める
フォローしたユーザーの活動を追える
通知
小説の更新や作者の新作の情報を受け取れる
閲覧履歴
以前読んだ小説が一覧で見つけやすい
新規ユーザー登録無料

アカウントをお持ちの方はログイン

カクヨムで可能な読書体験をくわしく知る