最愛の幼馴染が僕を暗殺するために送り込まれた刺客だった、それだけの話

作者 コアラvsラッコ