猫のふぐり本があるのなら、オジサンのふぐり本があってもいいじゃない

作者 豚園

22

8人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

 本当にタイトルそのまんまのお話。

 ちょっとネタバレ気味のレビューになってしまいますけど、でもタイトルの時点でもうバレてるようなものなので気にせず言ってしまうと、おじさんが自分の可愛いふぐりを世間に見せつけようとする物語です。

 おそらく「コメディ」と言って差し支えないお話……だとは思うのですけれど、それはそれとして「切ない」というのも本当のこと。

 確かに、おじさんのふぐりの本があってもいい。
 需要がないのは仕方ないとしても、そうする自由くらいはあってもいいはず。
 自分の願望が、しかし世間から許されていない行為であったばかりに、不幸な目に遭ってしまうおじさんことタケシさん。

 昨今で言うところの、いわゆる「生きづらい人」と呼ばれる人の物語でもある……とは思うのですけれど、でも本作のなにが好きって、それをそのようには(深刻には)描かないところ。
 なんらかの問題をただ訴えたり問うたりするのではなく、物語として(それも笑えるお話として)語ってくれるお話、本当にツボです。

 それと、やっぱり好きなのは主人公。
 もう本当にいいやつで……タケシ(おじさん)のことすごく大事に思ってるところとか大好き。

 終盤、主人公の必死の呼びかけが涙を誘う、熱く切ないふぐりコメディでした。