もしも○○という法律があったら

作者 椋木華乃