伝九郎は留守にて候

作者 葉城野つき