その日常はクリームのように甘く、心の内は珈琲よりも苦く

作者 森陰五十鈴