都々逸習作集

作者 南雲 皋

すべてのエピソードへの応援コメント

  • 2022/01/04 ② 行方知れずのへのコメント

    これは色んな場面が想像できて、深いですね!

    私は歴ヲタなんで、例えば幕末維新前後なら彰義隊の家族とか、戦国時代なら我が推しの織田信長を待つ丹羽長秀とか。

    いろんなシーンが浮かんで胸が、キュン♡しますね!

    作者からの返信

    >麒麟屋絢丸さま
    コメントありがとうございます!
    おお〜〜歴史上の!
    見ている側が自分に置き換えて考えられるのは、短な語句で作るものの楽しみの一つですね

    2022年5月8日 18:43

  • 2022/01/04 夕暮れ時にへのコメント

    影の手っていうのが、とてもキュン♡ですね!

    可愛いです!

    作者からの返信

    >麒麟屋絢丸さま
    コメントありがとうございます!
    直接繋げるようになりますように、ですね

    2022年5月8日 18:42

  • 2022/03/25 丸いお腹をへのコメント

    何か、しんみり …

    作者からの返信

    >友未 哲俊さま
    コメントありがとうございます!
    確かに、どこか遠い過去を思い出すような感覚がありますね

    2022年5月8日 18:41

  • 2022/03/19 雨は嫌いじゃへのコメント

    感動しました!

    作者からの返信

    >友未 哲俊さま
    コメントありがとうございます!
    これには私の個人的な叫びが多分に含まれていますw

    2022年5月8日 18:40

  • 2022/03/08 母が全てをへのコメント

    確かに、困りました …

    作者からの返信

    >友未 哲俊さま
    コメントありがとうございます!
    いつまでもあると思うな親と金……

    2022年5月8日 18:40

  • 2022/02/10 仕事疲れてへのコメント

    えっ⁉ この曲に❤がない⁉
    友未は断然支持しますっ!!

    作者からの返信

    >友未 哲俊さま
    コメントありがとうございます!
    めちゃくちゃ気に入ってくださって嬉しいです。
    ぷにぷに

    2022年5月8日 18:40

  • 2022/02/04 ② アンタの気持ちへのコメント

    そっか、ダダ漏れでしたか。

    作者からの返信

    >友未 哲俊さま
    コメントありがとうございます!
    ダダ漏れだったようです

    2022年5月8日 18:39

  • 2022/02/04 どう転んでもへのコメント

    この殺し文句、乱用してはいけません!

    作者からの返信

    >友未 哲俊さま
    コメントありがとうございます!
    ここぞという時にご使用ください

    2022年5月8日 18:39

  • 2022/01/28 勇気を出してへのコメント

    え、えっ!

    作者からの返信

    >友未 哲俊さま
    コメントありがとうございます!
    聞きたくなかった告白でしょう

    2022年5月8日 18:39

  • 2022/01/27 ② ホンマは好き…へのコメント

    おいおい …

    作者からの返信

    >友未 哲俊さま
    コメントありがとうございます!
    思ってても言ったらいけないこととか、ありますよね

    2022年5月8日 18:38

  • 2022/01/22 私のためにへのコメント

    なかなかダークです。

    作者からの返信

    >友未 哲俊さま
    コメントありがとうございます!
    たまにダークなものが書きたくなります(笑)

    2022年5月8日 18:38

  • 2022/01/17 お隣さんがへのコメント

    俳句で言えば「軽み」とでも呼びたくなるような、さりげない可笑しみです。

    作者からの返信

    >友未 哲俊さま
    コメントありがとうございます!
    「軽み」なるほど…。
    俳句も奥が深いですよね

    2022年5月8日 18:38

  • 2022/01/12 ② ぶっきらぼうなへのコメント

    さりげない歌い方が好きですね。

    作者からの返信

    >友未 哲俊さま
    コメントありがとうございます!
    そう言っていただけると嬉しいです。

    2022年5月8日 18:37

  • 2022/01/08 ② 痺れた腕にへのコメント

    南雲 皋さま、「詩歌と短詩の里」へのご参加、ありがとうございました。
    都々逸は書かれる方が少ないので、嬉しいです。
    この歌は「目覚まし止める 鳴る前に」が出色だと思います。

    作者からの返信

    >友未 哲俊さま
    コメントありがとうございます!
    都々逸はあまり見ませんよね。
    私も馴染みのない音の並びだったのですが、最近掴めてきた気がします。
    読みにきてくださってありがとうございます。

    2022年5月8日 18:36

  • 2022/01/13 キミの敵にはへのコメント

    あああ!!ここまで気になるものをちょこちょこと見てきたのですが、これがダントツで好きです……!!

    作者からの返信

    >西夏さま
    コメントありがとうございます!
    わー!嬉しいです!
    ジャンルとか雰囲気にこだわらず書いているので、気に入ってもらえてホントに嬉しいです!

    2022年3月10日 17:04

  • 2022/03/03 毒のリンゴをへのコメント

    はじめまして。藤田桜と申します。
    都都逸らしさを活かした曲も、都都逸という詩形の制限を打破する曲もあり、7775の定型の奥深さを感じました。そこで、もしよろしければ作者様が都都逸と言う形式をお選びになった理由などありましたら教えてくださると嬉しいです。
    よろしくお願いします。

    作者からの返信

    >藤田桜さま
    たくさんのコメント本当にありがとうございます。
    全てに目は通しておりますが、順次返信させていただきます。
    2022年に入り、何か新しいことがしたいなと思っていたとき、Twitterのタイムラインに都々逸が流れてきました。
    俳句や短歌は時折詠んでみたことがあったのですが、7775のリズムは未体験でしたので、非常に興味を惹かれ、詠んでみることにした次第です。
    まだ7から始まるリズムに慣れず、捏ねくり回しながらなんとか作っているような状態ですが、藤田さまにも楽しんでいただけたようでとても嬉しいです。

    2022年3月4日 10:33

  • 2022/02/24 いつもこうしてへのコメント

    「晴れたらいいね」と語りかける相手との、あたたかな関係性を感じさせる素敵な作品ですね。

    作者からの返信

    >藤田桜さま
    コメントありがとうございます!
    語り手も、相手も、受け取る側の想像に任せられて、たくさんの可能性があるのが面白いですね

    2022年3月4日 11:00

  • 2022/02/21 通り過ぎてくへのコメント

    自然ではなく人為的な、アパレルショップの演出によって「春」を感じているのが興味深いですね。素敵です。

    作者からの返信

    >藤田桜さま
    コメントありがとうございます!
    駅ビルを歩いていたらもう完全に春が来ていてわぁと思った気持ちをそのまま出しました。
    流行りに置いていかれる毎日です。

    2022年3月4日 10:58

  • 2022/02/12 腕に縋ってへのコメント

    この詩形で「て」の連続を用いたことがコテコテな感じを生み出していて、それを「諦めず」でシュっと引き締めているのが面白いですね。

    作者からの返信

    >藤田桜さま
    コメントありがとうございます!
    しつこさを出しつつまとめたかったので、上手く行ってよかったです。

    2022年3月4日 10:57

  • 2022/02/11 猫の瞳にへのコメント

    「わたし」の視点と「猫」の視点、これらが混じり合い、引きつけ合うことによってユーモラスな緊張感が生まれているのが面白いですね。

    作者からの返信

    >藤田桜さま
    コメントありがとうございます!
    飼い猫がいるのですが、時々何考えてるかわからなくて可愛いです。

    2022年3月4日 10:56

  • 2022/02/08 うさぎ恋しきへのコメント

    子供を「お稚児」と言い表すことで、子供を「月」で「うさぎ」が跳んで跳ねる世界に組み込んでいるのが、雰囲気の統一という点でも、遊び心と言う点でも魅力的ですね。

    作者からの返信

    >藤田桜さま
    コメントありがとうございます!
    月にうさぎと言ったら現代よりは……と思いました。
    いつの時代もよいものですが。

    2022年3月4日 10:55

  • 2022/02/07 あなた手折ったへのコメント

    「あなた手折った」、間に助詞を入れないことで、意味の揺らぎが生まれ、「あなたが手折った」なのか、比喩的に「あなたを手折った」なのか、どちらの解釈もできるのが面白いですね。

    作者からの返信

    >藤田桜さま
    コメントありがとうございます!
    3・4のリズムを崩したくなかったのもありつつ、助詞を抜いた方が与える印象が面白いなと思いました。
    こういうの、醍醐味ですね。

    2022年3月4日 10:54

  • 2022/02/05 拾ってもらったへのコメント

    青春の紋切型なシチュエーションを、作者様らしい言葉遣いでうまく自分のものになさっているのが素敵ですね。

    作者からの返信

    >藤田桜さま
    コメントありがとうございます!
    少女漫画にありがちシチュエーションですよね(最近はもうやらないかな……)
    ベタで好きです。

    2022年3月4日 10:52

  • 2022/02/04 ② アンタの気持ちへのコメント

    観覧車に一緒に乗ろうとさえ言えない相手の状態が、ユーモラスな口調を伴って語られていくのですが、読み進めていくにつれて、明らかになっていく情報の配列が心地いいです。

    作者からの返信

    >藤田桜さま
    コメントありがとうございます!
    イケイケヒロインにたじたじの主人公、みたいなのが浮かんだ結果の都々逸でしたw

    2022年3月4日 10:51

  • 2022/02/04 どう転んでもへのコメント

    「どう転んでも」の「どういう結果になっても」と「どんな転び方をしても」の両義性が作品に強い磁力を与えています。素敵ですね。

    作者からの返信

    >藤田桜さま
    コメントありがとうございます!
    掛け言葉は思い浮かぶと嬉しいですよね。
    ついつい使ってしまいます。

    2022年3月4日 10:51

  • 2022/01/31 呻き声にはへのコメント

    寓話めいた内容が、ほの暗い雰囲気をこの都都逸集の中にアクセントとして与えていていいですね。

    作者からの返信

    >藤田桜さま
    コメントありがとうございます!
    この手の仄暗いもの、大好きなんですよねぇ。
    都々逸でもつい、やってしまいました。

    2022年3月4日 10:50

  • 2022/01/27 ② ホンマは好き…へのコメント

    8885という字余りが、関西弁を使ったことによるコテコテ感をうまく融和させていてこの曲を支えています。素敵ですね。

    作者からの返信

    >藤田桜さま
    コメントありがとうございます!
    これは本当に声に出して楽しいなっていうリズムのみで作ってしまったもので、そう言っていただけて安心しました(笑)

    2022年3月4日 10:49

  • 2022/01/27 貴方が刻んだへのコメント

    「し」という音の繰り返しが、リズムをほどよく崩していて楽しいですね。

    作者からの返信

    >藤田桜さま
    コメントありがとうございます!
    似たような音を繰り返し使うのは普段も結構好きで、敢えて使う場面もあったりします。
    都々逸にも活かせてよかったです。

    2022年3月4日 10:48

  • 2022/01/25 拾い集めるへのコメント

    ガンガンにロマンチックをキメたモチーフを、都都逸というどこか和風な情に満ちた形式にはめ込むことで、却って、語り手の趣向が貫かれているような個性と格好良さがうまれています。

    作者からの返信

    >藤田桜さま
    コメントありがとうございます!
    謡うものであるという意識はあるのですが、あまり都々逸というものに馴染みがないので好き放題やってしまっている感がすごいです。
    藤田さまに受け入れていただけるとなんとも安心しますね。

    2022年3月4日 10:47

  • 2022/01/21 ② ステンドグラスへのコメント

    7775という詩形を、都都逸の枠にとらわれず自由に配列しようと言う試みが、この一曲の静謐な雰囲気を支えています。素敵ですね。

    作者からの返信

    >藤田桜さま
    コメントありがとうございます!
    短歌で結構いろんな方が崩して詠んでいるのをみていて、すごいなぁと思いつつ苦手意識もあったりしたのですが、挑戦してみたものです。
    そう言っていただけて救われた気持ちです。

    2022年3月4日 10:45

  • 2022/01/18 瞳を閉じるとへのコメント

    気まずさの描写がとても鮮やかですね。この作品では、直接には言及しないからこそ却って喚起力が増しています。

    作者からの返信

    >藤田桜さま
    コメントありがとうございます!
    これはじわじわと迫り来るような嫌な感じが出せたような気がしています。

    2022年3月4日 10:43

  • 2022/01/13 キミの敵にはへのコメント

    ファンタジーめいたシチュエーションと、都都逸という詩形がうまく融合していて素敵ですね。

    作者からの返信

    >藤田桜さま
    コメントありがとうございます!
    時折こういうの、書きたくなります。
    情報量が多くて、なかなか上手くできないんですが;

    2022年3月4日 10:42

  • 2022/01/12 ② ぶっきらぼうなへのコメント

    いたずらめいた語りが素敵ですね。「ぶっきらぼう」なのは「貴方」でもあるし「珈琲」の苦さでもある。この意味の重なりが魅力的です。また「お砂糖一粒」という言葉、角砂糖と明言していないのに状況と「一粒」という言葉で角砂糖をイメージできるのが巧みですね。勉強になります。

    作者からの返信

    >藤田桜さま
    コメントありがとうございます!
    ぶっきらぼうなヒーローがヒロインに絆されていくようなお話が好きで、それを押し込めました(笑)
    使える文字数の制限によって、最低限の文字で最大限表現する訓練になるなぁといつも思います。

    2022年3月4日 10:41

  • 2022/01/08 呼気に揺らめくへのコメント

    読み進むにつれて情報が明らかになっていくのが、なんとも上手い。「君の糧」で、「君」が置かれている現状が明らかになったとき、ああ切ないという感情が一気に押し寄せてきます。

    作者からの返信

    >藤田桜さま
    コメントありがとうございます!
    感覚人間なので、藤田さまの感想で明文化されると我ことながらなるほど……と思ってしまいます。
    最後の5でオチを付けるというわけではないですが、そういう意識はありますね。

    2022年3月4日 10:39

  • 2022/01/06 もう貴方にはへのコメント

    指切りげんまんを本歌取りすることで、「約束したのに嘘を吐いた」という情報がもたらされ、それを7775の中でフルに活用している感じが素敵ですね。
    俗謡めいた魅力があります。

    作者からの返信

    >藤田桜さま
    コメントありがとうございます!
    指切りのフレーズはいつまで経っても鮮烈に残りますね。

    2022年3月4日 10:37

  • 2022/01/05 動かぬ筈のへのコメント

    ユーモアが効いた一曲ですね。思わず微笑ましくなってしまいました。

    作者からの返信

    >藤田桜さま
    コメントありがとうございます!
    自分ではどうしようもならないことはありますよね。

    2022年3月4日 10:36

  • 2022/01/04 夕暮れ時にへのコメント

    日常の、恋愛の中で、手に触れられなくても、それでも十分に感じる、一緒に帰れることへの幸福感がシンプルに描かれているのが素敵ですね。

    作者からの返信

    >藤田桜さま
    コメントありがとうございます!
    初めての都々逸でしたが、浮かぶ絵を7775に落とし込むのがとても楽しかったです。
    甘酸っぱいですね。

    2022年3月4日 10:35

  • 2022/01/05 動かぬ筈のへのコメント

    こんばんは、はじめまして!

    良いですのう。良いですのう。
    えへへとなっちゃいました。

    作者からの返信

    >まきむら唯人さま
    コメントありがとうございます!
    『乾燥知らずの二人の手』でもコメントいただきましたよね?
    その際、お返事で“さま“を付け忘れる最低のミスしてて本当にすみませんでした。゜(´∩ω∩`)゜。
    えへへとなっていただけて嬉しいです( *´艸`)

    2022年3月1日 22:48

  • すべてのエピソード 38
  • 2022/01/04 夕暮れ時に 2
  • 2022/01/04 ② 行方知れずの 1
  • 2022/01/04 ③ 想い想われ
  • 2022/01/05 動かぬ筈の 2
  • 2022/01/06 もう貴方には 1
  • 2022/01/06 ② 貴方のために
  • 2022/01/06 ③ 君の死体に
  • 2022/01/07 友達以上
  • 2022/01/07 ② 僕には絶対
  • 2022/01/07 ③ 僕の為にと
  • 2022/01/08 呼気に揺らめく 1
  • 2022/01/08 ② 痺れた腕に 1
  • 2022/01/09 いくら考え
  • 2022/01/10 どんな楽園
  • 2022/01/11 トイレにこもって
  • 2022/01/11 ② 朝のラッシュ時
  • 2022/01/11 ③ 呼吸を止めて
  • 2022/01/12 貴方の求める
  • 2022/01/12 ② ぶっきらぼうな 2
  • 2022/01/13 キミの敵には 2
  • 2022/01/14 これから貴方に
  • 2022/01/15 片付け上手な
  • 2022/01/16 私を拾うと
  • 2022/01/17 お隣さんが 1
  • 2022/01/18 瞳を閉じると 1
  • 2022/01/19 眼前に垂れる
  • 2022/01/21 貴方の瞳に
  • 2022/01/21 ② ステンドグラス 1
  • 2022/01/22 私のために 1
  • 2022/01/23 流れる星に
  • 2022/01/24 満点取れず
  • 2022/01/25 拾い集める 1
  • 2022/01/27 貴方が刻んだ 1
  • 2022/01/27 ② ホンマは好きでも 2
  • 2022/01/28 勇気を出して 1
  • 2022/01/29 君が笑って
  • 2022/01/30 なんで私が
  • 2022/01/31 呻き声には 1
  • 2022/02/01 君の心の
  • 2022/02/02 車の窓から
  • 2022/02/04 どう転んでも 2
  • 2022/02/04 ② アンタの気持ち 2
  • 2022/02/05 拾ってもらった 1
  • 2022/02/06 つれぬ貴方を
  • 2022/02/07 あなた手折った 1
  • 2022/02/08 うさぎ恋しき 1
  • 2022/02/09 指で時計の
  • 2022/02/10 仕事疲れて 1
  • 2022/02/11 猫の瞳に 1
  • 2022/02/12 腕に縋って 1
  • 2022/02/13 こたつに入って
  • 2022/02/14 逃げていいよと
  • 2022/02/14 ② これは本命
  • 2022/02/15 あの日ああして
  • 2022/02/16 結露している
  • 2022/02/17 自動改札
  • 2022/02/18 苦し紛れに
  • 2022/02/19 俺は猫派と
  • 2022/02/20 今がいつだか
  • 2022/02/21 通り過ぎてく 1
  • 2022/02/22 今日は猫の日
  • 2022/02/23 遠いあの日の
  • 2022/02/24 いつもこうして 1
  • 2022/02/25 すごく寂しい
  • 2022/02/26 眠る君の手
  • 2022/02/28 ホントは明日が
  • 2022/03/01 折れぬ翼を
  • 2022/03/02 涙流せば
  • 2022/03/03 毒のリンゴを 1
  • 2022/03/04 生えたキノコが
  • 2022/03/05 遠く夜空に
  • 2022/03/06 幼心に
  • 2022/03/07 いくら自分が
  • 2022/03/08 母が全てを 1
  • 2022/03/09 たとえ仕事に
  • 2022/03/10 夕陽沈むの
  • 2022/03/11 湯船があって
  • 2022/03/12 豆腐の角に
  • 2022/03/13 花粉飛び交う
  • 2022/03/14 あの日君から
  • 2022/03/15 指輪嵌った
  • 2022/03/16 風に舞い散る
  • 2022/03/17 空を見上げて
  • 2022/03/18 泣いた気がして
  • 2022/03/19 雨は嫌いじゃ 1
  • 2022/03/20 一期一会と
  • 2022/03/21 響く音色に
  • 2022/03/22 泣いて縋って
  • 2022/03/23 甘くほくほく
  • 2022/03/24 見えるものしか
  • 2022/03/25 丸いお腹を 1
  • 2022/03/26 好きと告げても
  • 2022/03/27 足の踏み場が
  • 2022/03/28 先に貴方に
  • 2022/03/29 仕事終わらず
  • 2022/03/30 普段やらない
  • 2022/03/31 他の人には
  • 2022/04/01 好きだと言って
  • 2022/04/02 触れるその手の
  • 2022/04/03 君の瞳の
  • 2022/04/04 箱に閉じ込め
  • 2022/04/05 握る剣の柄
  • 2022/04/06 道の小石に
  • 2022/04/07 二つに分けて
  • 2022/04/08 深く深くに
  • 2022/04/09 風に逆らい
  • 2022/04/10 歪む視界の
  • 2022/04/11 夢で逢おうと
  • 2022/04/12 マスク外した
  • 2022/04/13 頭隠して
  • 2022/04/14 君の痛みに
  • 2022/04/15 古い写真を
  • 2022/04/16 花火弾けた
  • 2022/04/17 僕を睨んで
  • 2022/04/18 待てど暮らせど
  • 2022/04/19 嫌な出来事
  • 2022/04/20 傘を差し出し
  • 2022/04/21 鍵を手にして
  • 2022/04/22 止まることなく
  • 2022/04/23 マスクずらして
  • 2022/04/24 何も言わない
  • 2022/04/25 たぶんそうだよ
  • 2022/04/26 自分の思いを
  • 2022/04/28 周り見渡し
  • 2022/04/28② それを言ったら
  • 2022/04/29 結び付かずに
  • 2022/04/30 眠るあなたの
  • 2022/05/01 酒を飲んでも
  • 2022/05/02 ツツジくわえて
  • 2022/05/03 ゴミを捨てずに
  • 2022/05/05 パンとご飯と
  • 2022/05/06 顔も名前も
  • 2022/05/07 昔話を
  • 2022/05/08 街のスキマに
  • 2022/05/09 カップラーメン
  • 2022/05/10 狩りに一緒に
  • 2022/05/11 怖い話を
  • 2022/05/12 どうせ来ないと
  • 2022/05/13 延びるヌードル
  • 2022/05/14 こっちおいでと
  • 2022/05/15 螺旋階段
  • 2022/05/16 ホットミルクを
  • 2022/05/17 嵐来るから
  • 2022/05/18 必ずここに
  • 2022/05/19 財布首から
  • 2022/05/20 爪を切る音
  • 2022/05/21 メイクばっちり
  • 2022/05/22 部屋の片隅
  • 2022/05/23 人と比べる
  • 2022/05/24 得意不得意
  • 2022/05/25 あの日あなたに
  • 2022/05/26 推しの生誕
  • 2022/05/27 彼氏もうすぐ
  • 2022/05/28 野菜食べずに
  • 2022/05/29 ベース爪弾く
  • 2022/05/30 暗い夜道を
  • 2022/05/31 熱い地面を
  • 2022/06/01 夏の気配を
  • 2022/06/02 急な雷雨に
  • 2022/06/03 自分産まれた
  • 2022/06/04 隣向いたら
  • 2022/06/05 青い朝日を
  • 2022/06/06 隣並んで
  • 2022/06/07 雨が止まぬと
  • 2022/06/08 傷を舐め合う
  • 2022/06/09 ずっと一緒に
  • 2022/06/10 揺れるカーテン
  • 2022/06/11 あくびしながら
  • 2022/06/12 酒が飲めると
  • 2022/06/13 色の違った
  • 2022/06/14 ノイズ混じりの
  • 2022/06/15 苦し紛れに
  • 2022/06/16 生まれ故郷に
  • 2022/06/17 それが正しい
  • 2022/06/18 この身に余る
  • 2022/06/19 引いた線たち
  • 2022/06/20 海月導く
  • 2022/06/21 きっとあなたも
  • 5055/06/22 続き気になる
  • 2022/06/23 夢を叶えて
  • 2022/06/24 トマト齧って
  • 2022/06/25 めっちゃ暑くて
  • 2022/06/26 窓の外見る
  • 2022/06/27 ここでさよなら
  • 2022/06/28 奇人変人
  • 2022/06/29 叶う叶わぬ
  • 2022/06/30 こっちの今日の
  • 2022/07/01 海に行こうよ
  • 2022/07/02 薬頼まれ
  • 2022/07/03 たまにこうして
  • 2022/07/04 メイクしてない
  • 2022/07/05 永遠に愛すと
  • 2022/07/06 ずっと一緒に
  • 2022/07/07 雨が降っても
  • 2022/07/08 廊下貼り出す
  • 2022/07/09 抜いた棘持ち
  • 2022/07/10 ふらり立ち寄る
  • 2022/07/11 本が取れずに
  • 2022/07/12 花で作った
  • 2022/07/13 時が戻れば
  • 2022/07/14 一歩の大きさ
  • 2022/07/15 取るに足りない
  • 2022/07/16 ずっと寝てても
  • 2022/07/17 塩をふりふり
  • 2022/07/18 震え掴んだ
  • 2022/07/19 あれもこれもと
  • 2022/07/20 逃げる背中は
  • 2022/07/21 握る手のひら
  • 2022/07/22 最寄り駅前
  • 2022/07/23 土用丑の日
  • 2022/07/24 何もやる気が
  • 2022/07/25 キミの花まる
  • 2022/07/26 既読付くのに
  • 2022/07/27 次に逢うまで
  • 2022/07/28 不意にあなたの
  • 2022/07/29 いつも隣に
  • 2022/07/30 ずっと眺めて
  • 2022/07/31 蚊取り線香
  • 2022/08/01 同じ机に
  • 2022/08/02 キミに合わせて
  • 2022/08/03 好きなところを
  • 2022/08/04 話通じぬ
  • 2022/08/05 自分自身の
  • 2022/08/06 開けた玄関
  • 2022/08/07 立ち止まったら
  • 2022/08/08 不老不死とて
  • 2022/08/09 三歩進んで
  • 2022/08/10 君の口から
  • 2022/08/11 同じ時代に
  • 2022/08/12 汚れ仕事は
  • 2022/08/13 心離れた
  • 2022/08/14 たった一人の
  • 2022/08/15 先の見えない
  • 2022/08/16 あの日誓った
  • 2022/08/17 伸ばした右手
  • 2022/08/18 テンション上がって
  • 2022/08/19 ビーチサンダル
  • 2022/08/20 セミの爆弾
  • 2022/08/21 夢をみている
  • 2022/08/22 逃げる影追い
  • 2022/08/23 得意料理が
  • 2022/08/24 必死に走って
  • 2022/08/25 必死に走って
  • 2022/08/26 ギター背負って
  • 2022/08/27 夏の夜空に
  • 2022/08/28 愛想笑いは
  • 2022/08/29 願う幸せ
  • 2022/08/30 二人並んで
  • 2022/08/31 夏の終わりに
  • 2022/09/01 こっち振り向き
  • 2022/09/02 少し会わない
  • 2022/09/03 休み前には
  • 2022/09/04 肌を撫でゆく
  • 2022/09/06 止まることなく
  • 2022/09/07 先のことなど
  • 2022/09/08 トマト塩振り
  • 2022/09/09 帰りスーパー
  • 2022/09/10 妹産まれた
  • 2022/09/11 たまにやるんだ
  • 2022/09/12 友と呼んでも
  • 2022/09/13 共に死なせて
  • 2022/09/14 愛し愛され
  • 2022/09/15 あの日最後と
  • 2022/09/16 私結局
  • 2022/09/17 別に何にも
  • 2022/09/18 ねぎを刻んで
  • 2022/09/19 強い女と
  • 2022/09/20 長い年月
  • 2022/09/21 鐘を聞いたら
  • 2022/09/22 きのこたけのこ
  • 2022/09/23 誰も私の
  • 2022/09/24 ころり転がる
  • 2022/09/25 ポテトかじって
  • 2022/09/26 特異体質
  • 2022/09/27 行きの電車で
  • 2022/09/28 紙の飛行機
  • 2022/09/29 いきはよいよい
  • 2022/09/30 上手く吹けない
  • 2022/10/01 推しはいつでも
  • 2022/10/02 キミが知らない
  • 2022/10/03 人の気持ちは
  • 2022/10/04 頬にゆっくり
  • 2022/10/05 期待されてる