荒磯の姫君(下)

作者 清瀬 六朗