豚に俺tueeeは無駄過ぎる〜伝説になりたいと言ったら伝説の食材に転生させられたが、チート能力で世界を救いつつ、なんとか生き延びて双子の王女に愛されて幸せにくらしたい〜

作者 陰陽

10

4人が評価しました

★で称える

レビューを書く

書かれたレビューはまだありません

この小説の魅力を、あなたの言葉で伝えてみませんか?