ラメンちゃん、徳梅さん、歴代ヒロインがカクヨムコン長編に初めて挑む私(小林勤務)の激励にきてくれました!

作者 小林勤務

すべてのエピソードへの応援コメント

  • 第5話へのコメント

    え〜!セイルさんが棚森さんを?!
    どうなんですかセイルさん!!

    って、めちゃくちゃ気になりますが、エンドの恋の最後まで楽しみにとっておきます♪

    作者からの返信

    徳梅「誤解されないように言っとくけど、別に棚森くんは好きじゃないからね」
    一堂「ほんとに~(じー)」
    徳梅「……なによ」

    2022年1月2日 19:04

  • 第4話へのコメント

    ラップが最高でした!
    でも、それ以上に徳梅さんのツッコミビンタ笑っちゃいました〜(≧▽≦)

    作者からの返信

    ラップ「華さん、ありがとう。俺、嬉しくて嬉しくて、感情が……」
    ラメン「あっ! やばいよ!」
    ラップ「yo……耳かっぽじってよく聞き――痛っ!」
    徳梅「あなた、華さんにラップかましたら殺すわよ(ゴゴゴ)」
    ラップ「は、はひ」

    2021年12月27日 22:01

  • 第3話へのコメント

    小林勤務さんが男性キャラ達と話すのも良いと思いますけどねぇ(◔‿◔)
    ウリちゃん好きです♪

    作者からの返信

    徳梅「でしょ? ヒロインばっかり出して、男の需要もあるわよ」
    ウリ「男なら棚森さんとかですかね?」
    黛「徳梅さんが言ってた、ラップの人は?」
    徳梅「ラップくんね。もし、彼が私にディスったら殺すわね」
    都留岐岳「おいおい、お二人さん。俺のこと忘れないでくれよ!」
    徳梅&ウリ&黛「……まだ、いたの?」

    2021年12月11日 00:25

  • 第2話へのコメント

    はじめまして。とても好感度の高いエッセイで、ここからエンドの方に行きまして、第一話、おもしろくてびっくりしました(結局、最新第8まで読んで★付けてレビューまで書いてきてしまいました)! 題材がいいですね。

    というわけで、私のエッセイでご紹介させて頂きました。
    勝手にすみません。もし内容にまずいところがあれば直すのでご指摘ください。

    第28話 まだ15,463文字・未完結ですが、★3つ。『エンドの恋 (カクヨムコン長編応募)』 小林勤務様
    https://kakuyomu.jp/works/16816700428343248806/episodes/16816700429413905015

    これ↓、ほんとそう思います。
    「毎回思うんですが、このWEB小説って、書く側は楽しく好き勝手に作るわけですよ。でも、読む側って、それぞれ忙しいじゃないですか。学生でも社会人でも主婦でも。それに――文字を読むって、モチベーションがいるはずなんですよね。映画やアニメと違って自分で手と目を動かす必要がある。しかも、素人の文章。だから、自分の小説を追っかけてくれる人のために読みやすく、面白く、書くのが大事だと、今回のカクヨムコンで改めて思っちゃいました」

    長くなりました。引き続き頑張ってください。

    作者からの返信

    徳梅「オレンジ11さん、こんな作者受けしかしないエッセイを見つけてくれて、本当にありがとう。貴方のエッセイにまで」
    ラメン「まさか、わたしたちがこんな陽の目を見るなんて」
    ツバメ「今回は、わたしも言うことないかも。鳥だしね」
    八賀「だめー! こんな感動な場面でも、オレンジ11さんは人類を支配しようとしているの!」
    八賀以外の一堂「……流石に無理ありすぎじゃない?」

    2021年12月6日 22:08

  • 第2話へのコメント

    読んでいて楽しいです。
    一話目のコメントで応援いただけてうれしかったです
     (〃∇〃o))

    作者からの返信

    景山「あなたもうちくる? 遅くまで空いてるからね。夜、も」
    徳梅「……コホン」
    景山「あら? いけなかった? うふふ」

    2021年12月5日 20:15

  • 第2話へのコメント

    カクヨムコン、本当に1月まで果てしなく長く感じそうですね〜。

    でも小林勤務さんには、こんなに応援してくれるヒロインがたくさん!
    このお話、みんな前向きで読んでいて元気が出るので好きです!
    エンドの恋は間違いなく面白いですし、埋もれたりしてないですよ(^^)

    聖流さん〜私にも一喝してください〜笑


    作者からの返信

    徳梅「カクヨムコンは長期戦よ。でもね、目標は高い方が成長するはずよ」
    景山「疲れたら、あなたもいつでもうちに来ていいからね。うちの売上も上がるし、女子会でもする?」
    ツバメ「するする!」

    2021年12月4日 14:39

  • 第1話へのコメント

    悩んで筆が止まることがよくあります。
    こんなふうにキャラクターたちに応援されると嬉しいです!

    私もさっそくキャラクターたちを登場させ……
    むむ、しばかれそうで怖い。

    応援してもらうなら、徳梅さんとツバメちゃんがいいです。

    作者からの返信

    ツバメ「あなたも頑張って、推敲、推敲! 油売ってないで長編の推敲しなきゃだめよ!」
    徳梅「ツバメちゃん、神無月さんは、勤務さんと違って、ちゃんと推敲してるわよ。そのセリフは勤務さんに言った方がいいわ」

    2021年12月2日 21:27

  • 第1話へのコメント

    おぉ〜〜!!
    この発想はありませんでした!!
    目から鱗! 自分の書いた登場人物達からエールをもらうなんて最高すぎます〜〜!!私も脳内で応援してもらお笑

    それにしても、ヒロイン、みんな可愛いですね(*´ω`*)さすが、ヒロイン至上主義の小林勤務さんです!!
    みんなのエールと共に私も応援しております。


    作者からの返信

    徳梅「華さん、ありがとう。これからも馬鹿な作者をよろしくね」
    ラメン「なんかあったら助けにいくからね」
    八賀「騙されないで! 彼女も世界を破滅させようとしてるの!」
    徳梅&ラメン「……どんな理論よ?」

    2021年11月29日 23:54