残酷のネル・フィード

えくれあ♡

第1章 カエル男

第1話 永遠の方舟

 ゴックンッ!


 フロッグマンは、杏子あんこの頭を美味しそうに飲みこんだ。


「あっ、あわっ! えっ……?」


 ペタンッ


 藤花とうかは尻もちをつくように座り込んでしまった。


 目の前に叩きつけられた本物の恐怖。死の恐怖。


 じょわぁぁあ……


 そして失禁。


「ゲロ! ゲロッ!」


 そんな藤花をフロッグマンは大きな不気味な眼で見つめている。


「な、な、なんで? 私たちには方舟はこぶね様の、しゅ、守護がぁっ……!」


 今まで泣いた事のない藤花の目からは涙が溢れて止まらない。今や『永遠とわ方舟はこぶね』の教えは藤花の頭から消えてしまっていた。


「ゲロ、ゲロ!!」


 フロッグマンは藤花の顔に、顔を近づけて笑っているようだった。


「たっ、助けて! いやぁー!」








 あなたが窮地に陥った時、助けてくれるのは神様なのだろうか? そもそも本当に助けてくれるのか?


 物語はこの事件発生1週間前から……始まる!








 チュン、チュンチュン








 W市の閑静な住宅街。まるで血をぬり付けたような赤い外壁と屋根。奇抜な見ためから、大きなポストとからかう近隣住民もいる。それが黒宮家だ。


 早朝。


 軽快な足音とともに、さわやかな夏の制服に身をつつんだひとり娘が、自室のある2階から1階の食卓へ降りてきた。


「おはようございます。お父様、お母様」


「おはよう、藤花。今日も可愛いわ」


「おはよう。では朝食を頂こう」


 3人は同時に食卓につき、静かに手を合わせる。ゆっくりと目を閉じ、1分ほど天に祈りをささげた。


永遠とわ方舟はこぶねよ、我々をお救いください」


「いただきます」


 3人は会話を楽しむこともなく、黙々と朝食を食べる。これが日常。黒宮家の朝の風景。


 3人が心の底から信じ、祈りをささげた『永遠とわ方舟はこぶね』とは新興しんこう宗教である。


 いずれ訪れる世界の終わり。その時に選ばれる『救われる者』になるための神聖な教えや、思想をもたらしてくれるのが永遠の方舟だ。


 黒宮家の長女、名を藤花とうか


 容姿端麗、頭脳明晰、どこに出してもはずかしくない。両親自慢の娘。


 永遠の方舟の集会で、父が母にひとめぼれ。1年の交際ののち結婚。2年後に長女『藤花とうか』を授かった。


 双方ともに敬虔けいけんな永遠の方舟の信者。子育ての方針、生活上のさまざまな価値観に大きなちがいはない。


 飲食物に制限もあり、信者同士の結婚でなければ、なかなか成立しない生活。黒宮家の見ためが赤いことも、永遠の方舟の教えが関係していた。


『血の色、赤を生活に取り入れよ』


 父は5年前、家を建てる際に屋根と外壁を赤くするよう業者に注文。


 完全にまわりの住宅からは浮いていたが、家族全員まったく気にする事はない。信仰の力とは己を強く信じることができるもの。怯えや不安などは皆無。


 藤花は幼い頃から信心しんじん深い。両親の手をわずらわせる事など1度もなく、すこやかに、軽やかに自分をつらぬき生きてきた。


 藤花は食事を終えると、和室にまつられた神棚かみだなに手を合わせ、今日の1日の健康と幸せを祈る。明るく部屋に充満する朝日が少女を清く、うつくしく照らす。


「方舟様、我々信者を見守り下さい」


 藤花はまだ知らない。


 本当の神とはなんなのかを。自分を容赦なく襲う運命を。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

新規登録で充実の読書を

マイページ
読書の状況から作品を自動で分類して簡単に管理できる
小説の未読話数がひと目でわかり前回の続きから読める
フォローしたユーザーの活動を追える
通知
小説の更新や作者の新作の情報を受け取れる
閲覧履歴
以前読んだ小説が一覧で見つけやすい
新規ユーザー登録無料

アカウントをお持ちの方はログイン

カクヨムで可能な読書体験をくわしく知る