即死魔法しか使えない落ちこぼれ魔女は必要ないと婚約破棄パーティ追放されました。 即死魔法の重要性を理解してないようですね。 元婚約者と妹はざまぁ

甘いからあげ

第1話 即死魔法しか使えない落ちこぼれ魔女は婚約破棄パーティ追放ですか。 妹は私の婚約者まで奪うようですが、 今までで一番いらないわその馬鹿婚約者

 「クラリス、お前のように即死魔法しか使えない落ちこぼれ魔女は婚約破棄パーティ追放だ」

はぁ?

婚約者パーティのリーダーである男爵令息テオドリグに婚約破棄を告げられたんですが。

頭、大丈夫ですかー?

 「そうよ、お姉様のように即死魔法しか使えない落ちこぼれ魔女より

攻撃魔法も弱体化魔法も使える私の方が役に立つし、婚約者としても相応しいわ」

 妹は私の物をなんでも欲しがり奪っていったけれど、遂には私の婚約者まで奪いたいようです。

この馬鹿婚約者、今までで一番いらないものだわ。

 「はぁー。やれやれ。婚約破棄ですね。慰謝料1000万カッパー払ってもらえればそれでいいですよもう」

 このボキューズ男爵家嫡男テオドリグは男爵家嫡男だというのに冒険者なんてやっている。

何故かって?

馬鹿だから男爵家嫡男としての責務をこなせないのだから、こうして逃げて冒険者なんてやっているのだ。

そんなぼんくら野郎が支払える金額なんて把握している。

1000万カッパーが妥当な所でしょうって事よ。

払いきれない慰謝料を請求してこのぼんくらと何度も会う事になるぐらいなら

ぱっと1000万カッパー貰って縁を切った方がいい。

 あ、私?私はワロキエ男爵家嫡女クラリス。即死魔法の訓練しかしてこなかったから、

男爵家嫡女としての責務なんて果たせないのだから冒険者やってます。

 あのぼんくらと一緒じゃないかって?

まぁ、似た者同士ではあるかしらね。

私は即死魔法を極めてる即死魔法では最強魔女だから、ただ逃げて冒険者やってるあのぼんくらとは

違うのですけどね。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

新規登録で充実の読書を

マイページ
読書の状況から作品を自動で分類して簡単に管理できる
小説の未読話数がひと目でわかり前回の続きから読める
フォローしたユーザーの活動を追える
通知
小説の更新や作者の新作の情報を受け取れる
閲覧履歴
以前読んだ小説が一覧で見つけやすい
新規ユーザー登録無料

アカウントをお持ちの方はログイン

カクヨムで可能な読書体験をくわしく知る