【短編集】スピリチュアルな個人的呟き

三澤愛世

神社編 三社参りの御神籤

突然ですが、私は毎年お正月に新年の祈願がてら、必ず三社参りに行きます。


今年もあと三ヶ月で終わろうという今日この頃、なんとなく書きたくなったのでここに記します。









自慢になりますが、私は幼い頃から御神籤を引くと高確率で“大吉”を引き当てます。たま〜にそれ以外を引いてしまうと、


「あ、今日はダメだった」


と思う勘違いも甚だしいクソガキでした。今でもそうですが。









ある年の三社参り。


私は例年通り三箇所で御神籤を引きました。一回も大吉を引けませんでした。良くて中吉。


「何だ今年は!」


と思い、再チャレンジ。ダメだ。再々チャレンジ。


やっとで大吉を引きましたが、正直本来の趣旨から逸脱している大吉に何の意味があるのか。


何か今年は嫌だなぁと思っていたら、その月の終わりに、推しのアイドルグループ活動休止の発表ときた。

(これでお察しください)









たかが御神籤、されど御神籤。


侮れません。









そして今年の三社参り。


あの年の再来です。


いや、あれよりももっと酷い。


大吉はおろか、小吉と末吉止まり。そんなことは記憶にある限り経験がありません。


「わぁ〜、今年も何かあるよ〜」


と思っていたらありました(笑)



まず初めに、長く勤めた会社の倒産。


そして推しの結婚。

(これは1/2の確率です!誰でしょう♪)









私は基本的に神社に祀られている神様を信じております。


信じておりましたが、まさか御神籤という形で『これから私に良くないことが起こるよ』と教えてくださるとは思いませんでした。


この場でお礼を申し上げます。


ありがとうございます!


その後どうするかは私の問題です。大丈夫。どうとでもなります。









けれど願わくば、来年の三社参りでは“大吉”を引きたいものです。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

新規登録で充実の読書を

マイページ
読書の状況から作品を自動で分類して簡単に管理できる
小説の未読話数がひと目でわかり前回の続きから読める
フォローしたユーザーの活動を追える
通知
小説の更新や作者の新作の情報を受け取れる
閲覧履歴
以前読んだ小説が一覧で見つけやすい
新規ユーザー登録無料

アカウントをお持ちの方はログイン

カクヨムで可能な読書体験をくわしく知る