妖しく闇に近づく薄墨色〜恋愛心理サスペンス〜

雨 杜和orアメたぬき

第一部

第1章

幸福と不幸のあいだ



 午前8時、オフィスに到着。見慣れた顔に、見慣れた仕事。

 デスクに着き、セキュリティ・キーを確認、番号を入力、パソコンを立ち上げる。

 この、あまりにも手慣れた一連の動作が憂鬱ゆううつに感じるのは、なぜだろう……。


 かわり映えのしない一日がはじまるだけなのに。


 倉方くらかた 陽菜子ひなこは日々に退屈しながら、大手投資信託銀行の金融商品開発部で働いていた。


 朝一番のルーティン業務をする時間に、東雲慶輝しののめけいきが肩越しに語りかけてきた。


「チーフ、メール送りました。ニューヨークが、ちと不穏になってますよ」

「そう」

「どうします?」


 彼は眠そうな目でほほ笑む。

 メールをチェックして、状況を確認、そして、次の指示を与える。


 やはり、ふつうの一日がはじまるだけだ。




 気がつくと、すでにお昼を過ぎていた。

 遅い昼休みを取るために、オフィスを出る。


 十一月中旬から、クリスマスイルミネーションで華やぐ丸の内。ブランド店やグルメが揃う、その欺瞞ぎまんに満ちた街が、わりと好きだ。別の意味では、わりと嫌いでもあるのだが。


 いつも、こうした矛盾を感じる。自分でも、それが不思議だと思う。


 朝に降り始めた雨は昼には止み、舗道は湿り気を帯び、雲間から出た太陽の光に輝いている。まだ点灯されていないイルミネーションが、捨て猫のように放置されていた。


「待って下さい」


 背後から声に振り返ると、東雲しののめが駆けてくる。


「どうしたの?」

「お昼ですか? いつの間にか消えてらしたので」と聞いた彼の顔は紅潮こうちょうしていた。男にしては色白の肌に赤みが目立つ。


 唇だけでほほ笑み浮かべる彼の顔は美しい。


「ええ」

「最近できた美味しいメキシカンの店を知っています。案内させてください」

「でも」と、逡巡しゅんじゅんした。


 東雲は顔をしかめて、「だから、チーフが好きな簡単に食べられる店ですって」と笑った。


「そう、気が利くのね」と、軽い調子で合わせた。


 東雲は横に並ぶと、陽菜子と歩調を合わせた。


 背が高く端正な容貌ようぼうの彼は、実家が裕福な理由もあり女の子たちに人気があった。東証一部上場の東雲グループ創業者の孫で、会社が数年間の契約で預かっている。将来の大切な顧客として扱うお客さま社員である。そういう理由でも女の子たちの標的だった。


 また、女の子たち。夫も女の子が好きなんだろう……。


 陽菜子は唇に微苦笑を浮かべる。


 要するに彼は甘やかされた男だ。金と権力と名誉と、すべてを手にする彼は住む世界が違う。しかし、なぜか彼を見ると、遊園地の迷子をイメージしてしまう。迷子になった男の子が途方にくれ、それでも健気に泣きもせず何かを待っている姿を。


「なんですか? その謎めいた笑いは」


 唇を無理に曲げて、一瞬だけ笑みを浮かべた。


「チーフを見ていると、幼い頃に面倒をみてくれた乳母を思い出します」

「乳母?」

「ああ、すみません。そういう意味ではなくて。彼女はいつもそんなふうに笑っていたんです」

「どんなふうに?」


 軽くほほ笑み、はぐらかしたが彼に興味を感じた。


「その……。いつも一生懸命で、ちょっと突き放しているような、諦めているような」


 陽菜子は肩をすくめた。


「一生懸命で諦めているって、随分と矛盾している言葉ね」


 彼は育ちの良い笑顔を見せながら頭を掻いた。


「青年よ。国語の勉強が嫌いだった?」

「子ども扱いしないでください。美味しいメキシカンを教えてもらえなくなりますよ」

「それは困ったわ」


 彼は意味もなく顔の前で手をふってニッと笑い、お洒落な屋台に案内した。そして、許可も得ずにタコスを二つ注文した。


 屋外で食事をするほど若くはないし、その上に寒かった。抗議しようとすると、「トッピングは何にしますか?」と聞かれる。


「いらないわ」


 屋台前に椅子とテーブルが数脚用意されていて、他に客はいなかった。


「どうですか?」

「美味しいわね」


 寒いわと言うかわりに、そう答えた。十年前なら寒いと言ったにちがいない。


「でしょ」と、思わずため口を聞いた彼は、その言葉を打ち消すように「人気なんですよ。だからお昼時を外さないと食べられないんです」と続けた。


 冷たい秋風が枯れ葉を散らしている。

 身体が冷えて肩を縮こませると、彼は自分のコートを脱いだ。肩にかかったコートには東雲の体温が残っていた。


「ここ寒かったですね」

「風邪をひくわよ……」


 コートを返そうとすると「若いから」と言ってから、そして、失敗したという表情を浮かべる。なんとも、その表情がかわいい。たしかにこれは会社の女の子たちが放っておかないだろう。


「まあ、よしとしましょう。こんど仕事で失敗したときに大目に見てあげる」

「僕は失敗しません」


 スマホが鳴った。

 夫からのラインだった。『帰りは何時?』とだけ書いてあった。

『遅いわ。十一時過ぎかしら』と、返信した。

 それだけだった。


 夫のメールには謝罪が含まれていた。そして、いつものように許しが言外に含まれる返信を期待していた。軽くため息を付いてスマホをバッグにしまった。

 顔を上げると、彼がいぶかしげな表情で見ていた。


 陽菜子は機械的にほほ笑みを浮かべる。


「チーフは」


 彼がテーブルに頬杖をついて困惑したような表情を浮かべて言った。


「不幸なんですね。そして、そう言っても怒らないのでしょうね」


 不幸? 自分が不幸だと自覚したことはない。


「どうして、怒るの?」

「いつも、そういう意味ありげな鸚鵡おうむ返しが得意だ」と、彼は首を振った。

「さあ」と、陽菜子は立ち上がった。「もう時間だわ。仕事が待っている。帰りましょう」


 席を立つと、なぜか、彼のほうが傷ついた表情を浮かべた。






 その日は帰宅時間が過ぎても会社に残った。

 書類がうず高く積まれた窓の隙間から、クリスマスイルミネーションが見えた。部下達は帰したので、課で残っているのは陽菜子だけだった。節電のため周囲の電灯は消えている。


 パソコンの電源を落として、オフィスを後にした。

 正面玄関は薄暗く、この時間では鍵がおりているだろう。警備員の詰所を通って裏口にまわろうと考えた。


 出口まで来ると、煙草の匂いが漂ってきた。


 まだ煙草を吸う人がいることに驚いて、たぶん夫だろうと気がついた。

 裏口を出ると、やはり、そこに彼がいた。

 足元に吸い殻が落ちている。ゴミになるのにと言えば彼がイライラするとわかっていた。


「帰ろう」


 夫が顔を背けたまま言った。

 彼は決して謝らない。女と一緒のところを見られてもだ。複雑な家庭環境で子ども時代を過ごした夫は、謝罪が最も苦手だった。謝罪ではなく諧謔かいぎゃくを学ぶことで幼い時分をやり過ごしてきた男だ。


「ええ」と、答えた。


 それから肩をすくめて「もう冬ね」とだけ呟いた。春は来ないかもしれないと漠然と感じた。


 人通りの途絶えた舗道にハイヒールの音が響く。

 夫との身長差は五センチほどで、ヒールによっては彼より背が高くなる。だから夫と歩く時は低めの靴をはいたが、今日はルブタンで、生憎とヒールが高い。


 曇り空で星は見えなかった。


 薄暗い路地から本通りに出ても人影はなかった。少し偏頭痛がする……。

 駅に向かいながら、ぼんやりしていたので、彼が隣を歩いていないことに、しばらく気付かなかった。


 背後を振り返った。


 十メートルほど後ろで、夫は奇妙な表情をして立ち止まっていた。驚愕したような不自然な顔つきだった。


 それから、ゆっくりと彼の足が折れて、その場で、ひざ立ちになった。


 助けを求めるように差し出された手を無言で見つめた。その手を取りたくないと思う。それから、異常に気づいた。


 頭に浮かんだ最初の言葉は心臓発作だった。

 走りよるのと、彼がその場に倒れるのは、ほぼ同時だ。ということは、背後を振り返ってから走って側に寄るまでの時間は短かったのだ。しかし、とても長い距離に思えた。


 彼を助け起こすと胸骨の間に違和感がある。それに触れて、すぐにナイフだと理解した。


「あなた」と、声が掠れた。


 慌ててバッグから携帯を取り出そうとして、舗道に中身を撒き散らしていた。

 後方から靴音がした。


「どうしたんですか?」


 見知らぬ中年の男の声だ。

 彼を見つめ「救急車を……。救急車を呼んで」と叫んだ。

 夫の血がコートを汚して垂れ、舗道を赤く染めていくのを茫然と眺めた。


「あなた、あなた。大丈夫?」


 彼は苦しそうな顔で陽菜子を見ると「……な」と呟いた。


「そうです。男の人が……。ここは、えっと、丸の内のビルの近くで……、なんのビル? 住所は……」


 見知らぬ男が携帯で電話をしていた。すぐにサイレンが聞こえたが、それは救急車ではなくパトカーだった。


(つづく)

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

新規登録で充実の読書を

マイページ
読書の状況から作品を自動で分類して簡単に管理できる
小説の未読話数がひと目でわかり前回の続きから読める
フォローしたユーザーの活動を追える
通知
小説の更新や作者の新作の情報を受け取れる
閲覧履歴
以前読んだ小説が一覧で見つけやすい
新規ユーザー登録無料

アカウントをお持ちの方はログイン

カクヨムで可能な読書体験をくわしく知る