千駄木ねこ茶房の文豪ごはん 二人でつくる幸せのシュガートースト

作者 山本風碧/富士見L文庫

すべてのエピソードへの応援コメント

  • 一 2へのコメント

    おばあちゃんと孫の会話がどこか懐かしく、話の内容が切なくて物語の世界へと惹かれて行く。懐かしくもあり切なくもありなお話ですね!

  • 三 3-②へのコメント

    食べ物の描写がとても美味しそう…想像するとお腹へってくるなぁ。(*´﹃`*)

  • 一 1-②へのコメント

    やはり上司は自分の立場を守りに行ってしまうのですか?って読んでいて思いましたね。
    ホントは部下を守りたくても上司も生活があると思うと難しいなぁ〜って考えさせられますね!

  • 一 4-②へのコメント

    日暮里出身だから、根津神社▪谷根千~懐かしいです。日暮里の駅が新幹線の集まる撮り鉄スポットになるなんて昔想像もしてなかった。新宿、渋谷側から見たら山の手とは言え地味だったからなぁ。坊っちゃんのスピンオフ』『うらなり』で小林信彦大先生は受賞なさったので、あとに続けたら▪▪▪とか思います。頑張れ❗️

  • 二 2-②へのコメント

    毎回続きが楽しみです