平凡な日常の難しい冒頭



 いつもの朝。

 いつもより、ほんの少し早い時間。


 目覚めると、窓際で小鳥が首をキョトキョト動かしていた。

 何て種類の小鳥だろう。

 小さくて愛らしい。


 私は軽くあくびをしてベッドから足を下ろす。

 そのかすかな動きに空気が震え、バサバサと小鳥は飛び立ってしまう。


 いつもの朝、いつもの部屋。

 見慣れた風景に退屈さえも感じない。


 階下に降りてコーヒーを沸かしながらテレビをつける。

 この時間なら、天気予報の時間だ。


『……、今日も暑い日になるでしょう』


 アナウンサーは昨日と同じ顔で律儀に予報を告げている。

 すぐにコマーシャルに変わって、再び彼女の顔を見るのは判で押したように5分後。


 音量を小さく絞り、それから、黒いテーブルに置いてある新聞に目を止める。

 なにかの事故があって、なにかの事件が起きている。


 個人的には関係のないニュースばかり。


 コーヒーがポットで沸いた音がする頃、家人も階下へ降りてくる。


「遅れる!」と、息子が慌てて階段を降りてきて、食事もせずに飛び出していく。


 いつもの朝。

 いつもの時間。


 変わりばえのしない平凡な日。



**************


 日常を描くって、どういうことだろうか。そう考えて書いた文章です。

 小説の冒頭として、やはりこの文章は退屈かもしれません。


 実は、奥森ゆうや様のエッセイで平凡な日常を書くことが難しいと書かれており、私は日常ってあまり書いたことがないって気づいたのです。


 日常を冒頭に書いて、退屈な内容でうまくいかないそうです。確かに、異世界ファンタジーを書くのに、これは難しいかもなんて、思ってしまいました。


 奥森 ゆうやさまのエッセイ。

「第91話 異世界転生するまでが肝心です。」

https://kakuyomu.jp/works/1177354054896540326/episodes/16816700426552251492


 小説の冒頭に日常をもってきて、はたして、その後を読んでもらえるのでしょうか。これは難しい課題ですよね。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

新規登録で充実の読書を

マイページ
読書の状況から作品を自動で分類して簡単に管理できる
小説の未読話数がひと目でわかり前回の続きから読める
フォローしたユーザーの活動を追える
通知
小説の更新や作者の新作の情報を受け取れる
閲覧履歴
以前読んだ小説が一覧で見つけやすい
新規ユーザー登録無料

アカウントをお持ちの方はログイン

カクヨムで可能な読書体験をくわしく知る