Lyric「わたしのなかのわたし」

雨 杜和orアメたぬき

友へ


 トタン屋根をたたく雨音が聞こえてくる……



 雨は次第に激しさをまして、飾り窓をつたい

 パソコンを打つ手に、寄り添い

 それから、しずかに空気に染みこむ

 ちょうど、あなたのように



 あなたは、何を悩んでいるの?

 あなたに空っぽの心を満たすものはあるの?



 あなたは不条理な世界に生きる敗残兵であり

 停滞とともに生き、悩み、苦しみ

 そして、人のわずかばかりの優しさに涙ぐむ


 茫洋とした日々のなかで

 息をすることで命を削り


 少しの慈しみにも飢え、そして、ただ、孤独に存在する



 あなたは、何を悩んでいるの?

 あなたに空っぽの心を満たすものはあるの?




 雨の音は……


 わたしを憂いの先へと追いやる

 苦しみは消えることを拒み


 心のよどに静かに溜まる




 助けることができないのです……

 わたしには




 だから、ただ、祈るように唱えている



 あなたは、何を悩んでいるの?

 あなたに空っぽの心を満たすものはあるの?



 今日の、この瞬間とき


 せめて微笑みだけでも浮かべることができるならば




 醜悪な世界で生きるあなたへ

 その苦しみを正面から受け止める



 わたしの中の私

 わが古き友よ



****************

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

新規登録で充実の読書を

マイページ
読書の状況から作品を自動で分類して簡単に管理できる
小説の未読話数がひと目でわかり前回の続きから読める
フォローしたユーザーの活動を追える
通知
小説の更新や作者の新作の情報を受け取れる
閲覧履歴
以前読んだ小説が一覧で見つけやすい
新規ユーザー登録無料

アカウントをお持ちの方はログイン

カクヨムで可能な読書体験をくわしく知る