珈琲の実は朱くて甜い。

作者 水守つばき