オタクの読書感想文

作者 黒川蓮

有吉佐和子先生の『悪女について』 美しさに弱い人間の本質」への応援コメント

このエピソードを読む

  • 拝読させて頂きました。

    うーん、これは有吉佐和子先生の原作を読まないと何とも言えないですね。
    公子と言う人物がどのような描写をされているかで、
    感想は変わってくるように思います。

    確かに外見は重要だと思います。
    初対面の人と会う時には、その第一印象が重要になりますから。
    私は人の内面は外見にも現れると思っていますが、
    そりゃ美しい方が得なのは当たり前ですよねぇ💦

    現実に悪女として逮捕される人達があまり美人では無い事が多々ありますが、
    有吉先生はそれが許せ無かったのかも知れません(>_<)

    今回も貴重なご感想をありがうございました(^.^)

    作者からの返信

    確かに、雰囲気美人ってありますよね♡
    昔、ダウンタウンさんの番組(水曜日のダウンタウン)で、昔モテていた女性は太ってもモテるのか?を検証していたんです。
    すると、昔からデブでモテない女性は「どうせ私モテないし」と卑屈な傾向の人が割合的に多いのに対し、昔モテていた女性は「イケメンにはこの体型じゃモテませんけど、ぽっちゃりな女性が好きな人もいるから、彼氏いますよ」と、前向きな人が多かった。
    要するに、モテる男性を狙わなければ、自分に需要はあると。
    そういう女性は(お世辞にもそんなに美しいとは思わなかったんですが←失礼)仕草やしゃべり方が可愛くて、笑顔なんです。
    なので、女性って容姿が整っていなくても、笑顔だったり、服装だったり、話し方でかなり雰囲気が変わると感じます。
    北浦様へ感謝をこめて♡
    ステキなコメントをいつもありがとうございますm(__)m

    2021年8月27日 00:24

  • 確かに悪女は美しくあって欲しい。
    でもニュースになる現実の悪女って信じられない程……

    作者からの返信

    心理学で、人間ってイケメンや美女だと「性格までいい」と思い込むらしいですm(__)m
    春野わか様、コメントありがとうございますm(__)m
    感謝をこめてm(__)m

    2021年8月22日 18:02