83話 寝起きとクラン結成!

 

 ……ん、息苦しい。起きるか。ねむねむねむねむねむねむねむだ。


「ふわぁぁ〜あ」


 目を擦って伸びをすると意識がハッキリしてきた。


「は?」


 また姉さんが布団に入り込んでる。むねむねむねむねむねむねむねだったわ。


「何言うてん?」


 意味わからん。顔洗おう。







「覚醒!」


 完全に起きた。さっき意味わからんと思ってたやつ、よく考えるとねむじゃなくてむねってことか。謎のギャグセンだ。おもんない。




 姉さんのおかげせいで随分早く起きれたから、ずっと放置してたトークアプリ見てみるか。


 ……うん、相変わらずボッチの俺には公式さんからしか来ていない。SNSで時間取られないからいいんだけどね!



 今日は7月30日だから、明日は模試がある。強制だからゲームは夜までできんな。今日で進んでおきたいな。














 ログイン。ちなみに朝ごはんは食パン。



「おはようございます」


「あ、おはよう」



 ご飯食べに行こうとしたら魔王の娘さんが。朝から礼儀正しくてしっかりしてらっしゃる。



「今から朝食ですか?」


「そうだよ」


「ご一緒してもよろしいでしょうか?」


「どうぞどうぞ」



 名前なんだっけ? 何かサ行が入ってたのは覚えてるんだけど……



「何とお呼びすれば良いですか?」


「クロでいいよ」


もはや偽名がめんどくさい。顔晒してるしセーフやろ。


「ではクロ様と。わたくしのことはソルとお呼びください」



 ソルさんっていうのか。覚えた。



「……おはよ」


「おはよー」


「おはようございます」


 ネアも合流。



「……誰?」


「挨拶が遅れて申し訳ありません。お父様の娘、スセソルです。ソルとお呼びください」


「……そう」



 スセソルなのか。さっきのソルってのは愛称か。確かに言いにくそうではあるからなー。



 自己紹介が終わったところで食堂に到着。



「おはよう」

「……おはよ」

「おはようございます」


「む、おはよう」

「ご主人様、おはようございます」

「ほふぁふぉー(おはよう)」

「おはようでやんす」

「おはよう、です」



 皆さんお揃いで。一人だけ口をいっぱいにさせながら挨拶してるアホがいたせいで、ネアが凄い睨んでる。無言の圧力ってこわいなー。


 席に着いて食べちゃおう。


「いただきまーす」

「偉大なる魔王陛下に栄光の闇を」

「…………いただきます」


 今聞き流しそうになったけど、とんでもない食事の挨拶が混じってたぞ。栄光の闇って何だよ。栄光に光が入ってて矛盾してるやん。


 



「ご馳走様ー」

「偉大なる魔王陛下に喝采の嵐を」

「……ごちそうさま」


 つっこまんぞ!




「……クラン」


「あー、そういえば」


 今日からだっけか。


「「「「「……」」」」」


 この場にいるプレイヤーがキョロキョロしてる。これは……


「……クr、ノワール……作って」


 軌道修正えらい。ほぼ言ってるようなもんだけど。でも、

「何でボクが?」


「……アホ三人、私……無理」


「作るだけでいい?」


「……クランリーダーにも」



 なれと? 仕切れるやつなんて俺以外に……いねぇわ。言ってた通り、アホと無口しかいない。


「分かったよ。世話の焼ける人達だねー」


 えーと、あっ、クランのマークがある。これを押して、設立っと。お?


「クラン名は?」


「「「「…………」」」」


 考えてないようだ。


「全員で出し合って多数決でいいかい?」


 うなずいてる。良いようだ。



「〘ブラックジャック〙とかどうやんすか?」


「いいね。どんどん言っていこう」



 三下、気が利くな。こういうのは最初が出てこないから助かる。



「〘ホイップクリーム〙とかどうかしら?」


「〘ご主人様と取り巻き達〙がいいと思います」


「それは無しでしょ。ボク的には〘バックボーン〙がいいと思うよ」


 意味は背骨。大事な場所って感じだ。オシャレで我ながら素晴らしい案だと思う。あとはネアだが……


「…………〘フロントライン〙」


「へー?」


「……意味……最前線」



 かっこいい! レベル的にも行動範囲的にも最前線だろうし、ピッタリだ。それにしよう。多数決なんて知るか。


 入力。メンバーをフレンド欄から選べ? とりあえずネアのところの勧誘ボタンをポチッとな。


「……よかったの?」


「え?」


「……クラン名」


「あぁ、一番良かったからね」


「そう……」



「ちょっと! 待ってくださいご主人様! もしかして決めたんですか!?」


「え、そうだけど?」


「多数決は……?」


「知らなーい」


「そんな!? 私の素晴らしい案が……」



 どこがだよ。それよりフレンド登録が必須とは。めんどいな。お、クランメンバーにネアと出てきた。何か副リーダーを選べるみたいだしネアに副リーダーやってもらおう。このメンツでは俺の次にしっかりしてるからな。


「……」



「マツ、フレンド登録するよ」


「遂にご主人様にデレ期が!?」


「ブロックリスト開いちゃつた。あっぶなー」


「冗談ですごめんなさい」



 こっちも冗談だからいいけどな。それにしてもブラックリスト、存在は知ってるけど、実際どんな効果があるんだろ?


『プレイヤーネーム:マツにフレンド申請しました』『フレンド申請が承認されました』『プレイヤーネーム:マツとフレンドになりました』


「クラン勧誘もしとくからー」


「はい」


 よし。


「……副リーダーも……勧誘できるみたい」


 なんですと。それはいい発見。



「そっちの二人の分はよろしくー」


「……ん、できた」



 クラン〘フロントライン〙、始動!


  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

新規登録で充実の読書を

マイページ
読書の状況から作品を自動で分類して簡単に管理できる
小説の未読話数がひと目でわかり前回の続きから読める
フォローしたユーザーの活動を追える
通知
小説の更新や作者の新作の情報を受け取れる
閲覧履歴
以前読んだ小説が一覧で見つけやすい
新規ユーザー登録無料

アカウントをお持ちの方はログイン

カクヨムで可能な読書体験をくわしく知る