外れスキルの屑と言われ追放された最底辺の俺が大逆襲のリスタート! 最強賢者への道を歩み出す!「頼む、戻ってくれ」と言われても、もう遅い!

東導 号

第1話「と、ある超劣等生」

ソヴァール王国名門魔法使い一家の末っ子に生まれた少年リオネル・ディドロは、

こざっぱりした茶色の短髪、綺麗なとび色の瞳を持つが、顔立ちは平凡な18歳。

背は175㎝とそこそこ高い。


彼は王立魔法学校を卒業したてのまだまだ未熟な魔法使いである。

ついでに言えば、大人しく暗~い性格で、女子には全くもてない。

生まれてから、ず~っと彼女居ない歴18年でもある。


家族は父に兄がふたり。

悲しい事だが、リオネルを兄たちよりも可愛がってくれた優しい母は……

彼が幼い頃、流行り病で亡くなっていた。


リオネルが生きるこの世界には能力やスキルに即した『レベル』が存在する。

魔法や武技等々を学び、深い知識と理解を得た上で実践するか、

もしくは敵や魔物などと、リアルに実戦を積むと経験値を得て、レベルが上がって行くのだ。


そして心で念じると……

己のレベルやその他もろもろを、他者には聞こえない『心の内なる声』が教えてくれる。

この内なる声とは、時には危機ピンチを知らせてくれたりする危機回避能力、

つまり直感インスピレーションに近いものでもあった。


現在リオネルのレベルはたった『5』


ちなみに……

魔法学校を首席で卒業する者は、既にレベル『20』を超えている。

トップクラスでレベル『15』以上。

半人前と言われる普通の生徒でもレベル『10』


だから、リオネルのレベル『5』は、成績的にとんでもなく下の下だ。

これがリオネルの女子にもてない原因のひとつでもあった。


また最大のレベルは『99』と言われているが、これまで99に達した者はこの世界では存在しないと言われている。


リオネルは名門魔法使い家の末っ子ゆえ、生徒達の中でも目立っており……

偉大な父や優秀な兄たちに似ず、超が付く劣等生だと、なおさら馬鹿にされていた。


でも、リオネルは魔法の勉強自体は好きだし、好奇心も旺盛。

自分なりに、一生懸命に努力しているつもりだった。


3歳から修行を始め、18歳になるまでのこの15年間、ろくに休んではいない。

当然、魔法学校では、毎日授業をしっかり受けていて、さぼった事などない。


だが成績、レベルは全く上がらなかった。


結局は、勉強の為の勉強……

「能力を向上する事」でなく、「勉強する事だけが目的」

つまり「学ぶ事が義務」であり、惰性となっていたのかもしれない……


成績が上がらないリオネルは……

仕方なく、魔法で足らない能力を少しでも補おうと、誰にも内緒で身体を鍛え……

自己流で剣や格闘の鍛錬もしていた。


魔法使いが持つ4つの属性……地・水・風・火。

リオネルの持つ属性は『風』である。

ほんの小さな風の塊をぶつける攻撃魔法の『風弾』

風の圧力を使う防御魔法の『風壁』を身につけていた。


勉強して身体を鍛えていても、リオネルには『致命的な弱点』があった。


リオネルの通う魔法学校において、魔物との実戦訓練は各自の任意で行われる。

生徒達は、教官役に騎士、兵士、冒険者などを選任し、雇用。

有償で指導を受けながら戦うのだ。

 

しかしリオネルは、魔物との実戦訓練はまだ未経験だった。


あまりにも悲惨な学校の成績に実家が呆れ、教官の雇用費用を出して貰えない事もあったが……

自身がひどく『怖がりな性格』であり、自ら戦う意欲にも欠けていた。


この『意気地のなさ』も、リオネルの成績が、中々アップしない理由のひとつになっていたのである。


さてさて!

今日は……特別な日、『スキル』授与の日だ。


この世界の『スキル』とは、全宇宙を司る絶対神、創世神から授かる『特技』である。

この創世神を信仰する創世神教会が、この世界において最も信仰される『世界宗教』なのである。


スキル授与とは……

一般人の場合は基本的に20歳くらいまでに不定期にて、

『心の内なる声』から告げられて、

『何らかのスキル』をひとつ授かるといわれている。

残念な事に、中には「授からない者も居る」らしい。


一般人より魔力が高い、魔法学校に通う魔法使いの場合、『特別な儀式』が行われる。

卒業と同時に、創世神教会の司祭から、『何らかのスキル』を、

やはり『ひとつだけ』授かるのだ。


リオネルは今日「うきうき」していた。

彼が使う『風弾』『風壁』は威力が小さく、敵を撹乱するくらいしか役に立たない。

それゆえ、これから授かるスキルに、大いに期待していたからだ。


否、期待するというより、己の人生をこのスキル授与に賭けていた。


「そんなのはとても甘い考え方だ」と自分でも分かっている。


しかし……

現状で、どうあがいても先が見えない最底辺の人生を「一発逆転!」する為には、

「素晴らしいスキルをゲットする!」しかないのだ。


もしも役に立つスキルを貰えれば、超劣等生のリオネルも、魔物との実戦経験を積んで少しはレベルアップし、1人前、否、半人前の魔法使いくらいになれるかもしれない。


陰キャで意気地なしのリオネルに対し、級友以外にも口撃は酷かった。

血がつながった肉親の家族でさえ、リオネルを思い切り馬鹿にし、さげすんでいたのだ。


もしも『何らかのスキル』が『そこそこ』のモノならば……

リオネルの、限りなくゼロに近い無才を嘆く高位魔法使いの父や、超が付くエリートの兄達からバカにされる事もなくなるかも……しれない。


『特別な儀式』によるスキルの授与は……

創世神教会の魔法水晶の中に、授けられたスキルが映り、司祭が確認、

厳かに告げるという形だ。


ちなみに、個人情報保護の為、授与を行う部屋は……

リオネルと司祭とふたりきりである。


スキル授与を告げる司祭は、創世神教会の戒律、王国の法律で……

その個人が与えられたスキルを、他者へ絶対に漏らしてはいけない事となっていた。

但し授けられたら『本人の判断』『自己責任』で、他者へ伝えても構わないことにはなっている。


「ふむ、ふむ。名門魔法使いディドロ家の3男リオネル・ディドロ君だな?」


「は、はい! そうです。俺がリオネルです」


「よし! §〇ΘΨ……」


司祭は言い、専門の言霊を詠唱した。

そして……


「……な、何ぃぃ!!?? こ、これはっっ!!??」


リオネルの授かったスキルを確認しようと、魔法水晶を覗き込んだ司祭は大いに驚いたのである。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

新規登録で充実の読書を

マイページ
読書の状況から作品を自動で分類して簡単に管理できる
小説の未読話数がひと目でわかり前回の続きから読める
フォローしたユーザーの活動を追える
通知
小説の更新や作者の新作の情報を受け取れる
閲覧履歴
以前読んだ小説が一覧で見つけやすい
新規ユーザー登録無料

アカウントをお持ちの方はログイン

カクヨムで可能な読書体験をくわしく知る