生まれた直後に捨てられたけど、前世が大賢者だったので余裕で生きてます

作者 九頭七尾

4,003

1,509人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

子供の声がする。闇を計るは問す。生きる者として最後の海を知りたいと。冒険は強きチートの前に。酒は飲めるのかゼロ才児。人生の海に涙の水分。
度肝を抜く設定だが、徐々に慣れていく。この世界にいる。流石の構成力が特筆される。僕は小さい頃から頭脳派だったが、出来ることは少なかった。転生していれば活きたのかな。
ゲーム世界の周回プレーは面白いですね。

★★★ Excellent!!!

主人公最強系、俺TUEEは数あれど、多くは適齢期男子で自ずと自重がかかったり、ともすればヒロインだったり王族だったりに利用されたりするのがよくあるパターン。

これは最初から赤子だから、良くも悪くも何でも許される。(まだ初期だから、この後どうなるかはわからないが)

何でも許されるから故の、メーター振り切った展開が痛快でおもしろい。

このペースのまま、最後までブレーキ踏まずに完走してほしい

★★★ Excellent!!!

いやはや、自分、本当に『痛快爽快』しか書いてない気がしますが、ここでも敢えて言わせてもらおう!!
仕事&梅雨のジメジメでイライラしていた気持ちが何処かに飛んでいくくらい、《痛快》&《爽快》じゃーーーーー♪ヽ(´▽`)/
いや、本当に、赤子自重しようぜ!щ(゜▽゜щ)な気分でここまで(第22話)、楽しく読ませてもらってます。
思わず何度も読んで、作中にツッコミを入れるくらいには。
昼休みにツッコミを思わず溢して、隣の人に不審者?と怪訝な顔をされるくらい、読んでいて楽しいです(笑)( *´艸`)(笑)

是非是非皆様、気持ちをスカッとしてみませんか??
スカッとした気持ちになりたい方、こちらの作品ですよ~ヾ(´▽`*)ゝ