目つきが悪いと仲間に捨てられてから、魔眼で全てを射貫くまで。

作者 桐山じゃろ

206

78人が評価しました

★で称える

レビューを書く

書かれたレビューはまだありません

この小説の魅力を、あなたの言葉で伝えてみませんか?