席替えで隣になったイケメン御曹司とは、もうこれ以上何も起こらないはずだった。

作者 たかなしポン太