悪役令嬢ですが前世で推しの当て馬王太子は私が絶対守ります!

作者 @karamimi

170

63人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

悪役令嬢を題材とした作品は沢山あるけど、今まで読んだどの作品よりも登場人物やストーリーが光っていました♪
断罪回避のためだけにヒロインが奮闘するのではなく、自然な形で周りに良い影響を与えていくヒロインがとにかく魅了的です。文章や言葉選びが綺麗で読みやすく、時折り登場人物の視点が入れ替わり、違う角度からストーリーを楽しむ事が出来ます。
何度も読み返してしまうくらい面白く、悪役令嬢が好き嫌いに関わらず読んでみる価値がありオススメです(*´꒳`*)♪

★★★ Excellent!!!

ある日突然好きな漫画の悪役令嬢に転生していたことに気づいた主人公。
その事実にショックを受けつつも、前世で推しキャラであった悲劇の王太子を救うチャンスではと気づき、自身にやれる事を考え実行していく。

将来王太子を救うため自身の素行や家族・周囲の人間関係の改善を図り将来のために努力を積む。
その過程で、真っ直ぐでひたむきな主人公に王太子や原作では敵対する事になった人々を始め多くの人達が惹かれ、大きな力になっていく。

多くの人が「悪役令嬢もの」と聞いた時にパッ思い浮かべるであろう展開がストレスなく進んでいき、魅力的な登場人物達がその枠の中で活き活きと動く。
テンプレを上手く活用していると言ったらいいのか、物語という大筋とキャラクターの魅力が上手く組み合わさり読んでいて気持ちが良い。

しかしその安定した空気感がとある中盤の出来事で一気に引き締められる。
他の同系作品では主人公側の見せ場となるような出来事だが、そこに一つの要素を加えただけで問題を乗り越えた達成感とは真逆の辛さを生み出すのは見事。

最初から最後までテンポよく話が進んでいく事もあり、とりあえず悪役令嬢ものが読んでみたいなーと思う人におすすめの一作です。