貴方に見る死の影。例えどんな結末に成ろうと死は美しい。

作者 退廃さん