こんなハーレムラブコメ絶対オレは認めない!

@OctoBer1993

第1章

第1話

オレは昔から主人公が好きだった。




それは悪の組織と戦う改造人間でも、難事件を解決してしまう名探偵でも、全国大会を目指して球技にうちこむスポーツマンでも、とにかくなんでも、マンガ、アニメ、小説、ドラマと、どんな作品でも【主人公しゅじんこう】というものに特別に憧れた。



『いや、この作品は主人公よりもむしろその敵キャラの○○が憎めなくて好き!』とか、『主人公より、その仲間の○○の主人公を誰よりも信頼して支える姿がカッコいいー!』などと、主人公よりも人気が出てしまうキャラがいることは知っている。

しかしそれは、オレに言わせればそれは全く邪道な考えである。



主人公よりもそのキャラが好きだと思ってしまうその気持ち自体は仕方ないが、しかし彼らはしょせん主人公という存在ありきのキャラクターなのだ。


彼らは結局主人公との関係性において、ライバルや仲間などの、あくまで主役じゃないポジションであればこその魅力なのだ。

それは主人公がいなければ成立しない魅力である。



結局は【主人公】と比べてこのキャラクターは…と考えてから始まる魅力なのだ。




ながながと熱く語ってしまった。


これ以上語るとさらに長くなってしまうので、とりあえず今回はこれぐらいで止めておくが、つまりのところオレはなにが言いたいかというと。


どのような作品においても【主人公】がやはり一番価値のある存在であり、一番大事ということだ…!



そして主人公である。ということと、主人公で無い。ということには越えらない高い高い壁があるということだ。




さて、そのことをふまえたうえで、やっとこの物語を始めよう。



はじめに言っておくがこの物語は

【ハーレム系ラブコメディ】である。



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー






……どんづまりである。



この2年A組の教室の窓の外いっぱいに広がる6月の気持ちのいい晴れやかな青空を見ながら、そんな青空とは対照的に暗いこと考えているのがオレ、千尋司ちひろつかさである。



オレがこの青空に負けないぐらいのブルーな気分であることには原因がある。


それは……。



「よっ、ツカサ」



とオレの1人語りをたった今さえぎったこの男こそ、その原因である。

オレの友達、夏目太陽なつめたいようだ。



タイヨウは挨拶がてらにオレの肩をばしっと叩くと、オレの前の席である、自分の席にがたっと座って、またオレに話しかけてくる。



「ったく今朝は最悪だったぜ、もう少しで遅刻になるとこだったわ。ギリギリセーフ」



たしかにタイヨウの額からは汗がしたたり落ちている。


遅刻をまぬがれるために走ってきたのだろう。



「ったく、朝から騒がしいやつだなお前は」



苦情をこめて憎まれ口を言ってやった。


しかしそんな憎まれ口など本人には全く伝わっていないらしくい。けろっとした表情で話を続けてきた。




「そういうツカサは、なんか朝から憂鬱ゆううつそうだな?なんかあったのか?」



いやお前のせいなんだが…。



この鈍感男には、このオレの憂鬱が自分のせいであるという自覚が無いからタチが悪い。



「だれのせいだと思ってやがる、だれの…」



と今度はタイヨウにでは無く、自分に言い聞かせるようにボソッとつぶやいた。



「え、なんか言った?」



そのつぶやきに、すっとぼけた表情で反応してくるタイヨウ。



「…お前さ。『なんか言った?』って言って、なんて言ったか教えてもらったことある?」



「え?そういや、ないかもな?」



出たよ、これだよ…。


今のオレたちのやり取りだけでも察しの良い人間は気づいたかもしれないが、このオレ千尋司がブルーな原因とは、このオレの友達である夏目太陽の持つ、とある才能にある。


それはつまり…。



ガラガラガラッ。


「よーし、お前ら席につけー」


勢いよく開けられたドアから登場した担任の教師によってオレの1人語りはまたもさえぎられてしまった…。


そして担任の登場によりオレとタイヨウの話 は打ち切られ、クラスメイトたちも各々自分の席に着席し始めホームルームがはじまった。




…え、なんなのオレってさえぎられ上手なの?

人に話を最後まで聞いてもらえない才能があるのかしら?

非常に嫌なんですけど…。



とにかく、先ほどからさえぎられてばかりの話に戻ろう。


そのオレの友達こと、オレにとってはライバルであり倒すべき相手である、夏目太陽なつめたいようの才能とは…。



「ということで転校生を紹介する」



オレの1人語りは、オレをよそに着々と進行されていたホームルームでの担任の『転校生』というパワーワードによって急にピタッと止まってしまった。


……え、転校生?


その転校生というパワーワードに反応したのはもちろんオレだけでない。クラス中が一気にザワザワしだす。



しかも、その転校生は女子である、ということが担任の口から告げられると、いっそう騒々しさは増し、特に男子生徒たちは色めきだしている。



たしかに【転校生の女の子】というのは健全な男子高校生ならば、普通はだれしも心ひかれる夢のあるワードだ。


そして、その【転校生の女の子】というワードの頭には勝手に【美少女の】という言葉がくっつけられる。

そして、これまた勝手に自分との恋の予感を感じちゃったりする。

……アホすぎるだろ。男子高校生。



だがしかし。

それは、普通は…ならばである。




そんな普通の反応をとれないのがオレ、千尋司ちひろつかさである。


オレはその転校生というパワーワードにクラスメートと同じように歓喜したわけではないのだ。


むしろ逆に背筋が凍り、嫌な汗をかいてきて、そして転校生は女子であるという話に、疑惑は確信へと変わった。



……やっちまった。



ちくしょう最悪だ。

そんなパターンもあるのか…?


転校生だと…?


こんなことが現実に起こってしまっていいのか……?



ダメだ!やめてくれ!!




しかしそんなオレの願いが届くわけもなく。



「よし、じゃあ入ってこい」



という担任の合図が出てしまう。


転校生の登場により、ここら始まる明るい学生生活への期待と希望でドキドキざわざわしているクラスメート。

そんなクラスメートたちとは裏腹にいまだに現実を受け入れられずにいるオレ。


そんな皆の前に渦中の人物、転校生の女子生徒はついにドアをガラガラっと開け教室の中へとはいってきた。




なんとそこには、クラスの連中、おもに男子たちが勝手に上げたハードルを軽々と飛び越えてしまうような美少女が立っていた。




小さな顔に大きな瞳、長いまつ毛、腰のあたりまである綺麗きれいな黒髪ストレート、そして凛とした雰囲気。

その全てが彼女が美少女であるということを物語っている。




その転校生の正真正銘の美少女っぷりにクラスメートのさっきまでのお祭り騒ぎのような騒々しさは、逆に失われていた。


だれかがつぶやくように言った。



「いやマジじゃん…」



なるほど、人間は自分の想像できうる範囲のものごとしか理解できない、とはまさにこのことだ。


自分たちで転校生を勝手に美少女と決めつけて妄想をふくらましていたが。

現実のその美少女転校生(仮)が妄想よりもあまりにも上のレベルのマジもんの美少女だったことに驚き、どう反応すればいいのかわからなくなっているのだろう。



「…いやマジでチョー可愛くない?」


「…やべーな、あれはちょっとレベルが違いすぎる」



女子も男子もこそこそっと内緒話のようなボリュームで話す程度になってしまった。




フッ、クラスメートたちには悪いがこの物語においてはやはり彼ら彼女らはしょせんモブキャラなのだ。


美少女転校生の登場というテンプレな出来事に、これまたテンプレな反応をしめしている。


いや、しかしありがとう。

このハーレムラブコメを盛り上げてくれるのはキミたちのようなモブキャラがいてくれてこそなのだ。



しかしそんな彼ら彼女らとは違い、オレは知っているのだ。


……いや、それはこの転校生の美少女を知っているのでは無く、この後この静寂はある人物によって壊され…。



「あー!!お前は今朝の!!」





おれの1人語りは、オレの前の席に座るその男。


夏目太陽なつめたいようの大きな声によってまたもさえぎられたのである。






………そう。



このハーレムラブコメの主人公はなんかわからんけどオレじゃないっぽい……。




……なんでこうなった。





…し、しかし認めんぞ!



こんなハーレムラブコメ。

こんなハーレムラブコメ絶対にオレは認めない!

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

新規登録で充実の読書を

マイページ
読書の状況から作品を自動で分類して簡単に管理できる
小説の未読話数がひと目でわかり前回の続きから読める
フォローしたユーザーの活動を追える
通知
小説の更新や作者の新作の情報を受け取れる
閲覧履歴
以前読んだ小説が一覧で見つけやすい
新規ユーザー登録無料

アカウントをお持ちの方はログイン

カクヨムで可能な読書体験をくわしく知る