第44話 それぞれの思い ①

 出張から1週間が経った。

 あれから俺は麗子さんとまともに話せていない。


 付き合ってからずっと続いていたメッセージのやり取りも、出張の前の日付のままピタリと止まってしまっていた。


 このままじゃダメだ。


 そう思って俺は、何度も何度も連絡を試みた。

 文字を打っては消し、また文字を打っては消し。


 ちゃんと話したいって気持ちは確かにあるはずなのに、今の俺にはメッセージを送るだけの勇気がなかった。


 死んだ魚のような目でただじっとPCを見つめる。仕事をしていても全くもって身が入らなかった。


 今日は金曜日。

 今日が終われば2日間、麗子さんと会うことはなくなる。それを考えると、虚しさで胸がギュッと締め付けられた。


「おい保坂。お前それ印刷するの何回目だよ」


「あ、ああ……そういえばそうだった」


 知らぬ間に印刷ボタンを押していた。

 そういえばこれは、ついさっき印刷したばかりの資料だ。


「大丈夫なのか?」


「すまん……俺にもわからないんだ」


 堀に心配されたまま、ずっと落ち込んでいたくはなかった。でも今の俺にはお世辞にも大丈夫と言えるだけの心の余力はない。


「顔色、今日は特にひどいぞ」


「昨日あまり寝てないからな……」


「考え事はいいが、思い詰めるのだけは程々にな」


「ああ、わかってる」


 堀はもっと何か言いたげだったが。

 それだけ言ってすぐPCに視線を戻した。


(こいつにも気遣わせてるな……)


 出張以来、堀は何かと気にかけてくれている。きっとこいつなりに、どうにかしたいという思いがあるのだろう。


「すまん、この資料まとめるの手伝ってもらっていいか」


「いいぜ。その代わり今度飯おごってくれよな」


「ああ、もちろんだ」


 こうして俺は無事、今日の業務を終えた。




 * * *




 必要なものをビジネスバッグにしまい。

 俺がオフィスを後にしようとすると。


「センパイちょっといいですか」


 同じく帰ろうとしていた藍葉に声をかけられた。


「ちょっとお話があるんですけど」


 この声を聞いたのは1週間ぶり。

 俺は今週ずっと個人の仕事に没頭していたので、社内で顔をあわせる機会もほとんどなかった。


 多少の気まずさが俺の中に浮かぶ。


「お、おう。どうしたんだよ急に」


「いや、この後暇かなと思いまして」


「まあ、今のところ予定はないが」


「そうですか。予定ないんですね」


 するとなぜか藍葉は視線を斜め下へ。

 気難しそうな顔で何かを言いかけている。


(まさか飯に誘われるんじゃないだろうな)


 この感じからして大いにあり得るが。

 できれば今、そうなって欲しくはない。


「な、何か用でもあるのか?」


 正直答えはわかっていた。

 でも俺は何食わぬ顔で、藍葉に訊いた。


「この後私とご飯でも行きましょう」







 やはりそうだった。

 何となくそうだとわかっていた。

 でも予定がないと言った手前、断れるような状況じゃない。


「お店はどこでもいいので」


「いや……でもだな」


「センパイ予定ないんですよね?」


「ないことにはないんだが」


「じゃあ行きましょうよご飯」


「んん……」


 藍葉からの猛烈な誘い。

 その勢いに俺がどぎまぎしていると。


 ガタンッ!


 俺の背後で大きめの物音が鳴った。

 すると次の瞬間。


 麗子さんが荷物を抱え。

 足早にオフィスを出て行ってしまった。


(聞いてたのか……)

 

 目の前の藍葉に気を取られ気づかなかった。

 まだ麗子さんがオフィスに残っていたなんて。


「それでセンパイどうなんですか」


 それでもなお引き下がらない藍葉。

 本当ならこの子を置いて麗子さんの後を追いたい。でもそんな前向きな思考に、心の迷いがブレーキを掛ける。


 今の俺が追いかけたところで何になる。

 彼女をまた傷つけてしまうことになるんじゃないのか。


 そう思うと、俺の足は自然とすくんだ。


「今回はちゃんと私も払いますから。それならいいですよね」


「んん……」


 ここまで言われてしまっては断ることもできず。俺は藍葉と2人で急遽食事に行くことになってしまった。





 * * *





 前はあれだけ嫌がっていた近所の焼き鳥屋。

 今日はなぜか藍葉の方からそこに行こうと誘ってきた。


「センパイ、何飲みますか」


「じゃあ俺はビールで」


 俺が答えると。

 意外にも藍葉は自ら店員を呼んだ。

 そしてビールとファジーネーブルを注文する。


(そういやこの酒、俺が教えたんだっけ)


 今もこうして注文するということは、随分と気に入ってくれたのだろう。


 藍葉と焼肉をしたあの時が、麗子さんと付き合い始めてまだ1週間だったと考えると、色々と考え深いものがあった。


「乾杯」「乾杯です」


 控えめな乾杯で飲み始める。


「適当に何か頼んでもいいですか」


「おう。お前の食いたいやつ頼みな」


「わかりました」


 すると藍葉は次々と料理を注文していく。

 チャンジャ、揚げ出し豆腐、焼き鳥の盛り合わせ。

 この間麗子さんと3人できた時に頼んだものばかりだ。





 料理が届き、それをつまみながら酒を飲む。

 最初こそ特に会話らしい会話はなかったが、1杯目の酒を飲み終えた直後、藍葉は不意にこんなことを言い出した。


「センパイは私のことどう思ってますか」


 ブッッ!!


 と、思わずビールを吹き出してしまった俺。


「センパイ汚いです」


 そんな俺を見て顔をしかめる藍葉。

 まさかいきなりその話題を出してくるとは。

 予期せぬ展開を前に、潜めていたはずの羞恥心が顔を出した。


「お、お前……いきなりその話題かよ」


「いいじゃないですか。どうせいつか聞くつもりでしたし」


 できるだけ避けたいと思っていたが、案の定こいつは端からそういうつもりだったらしい。


「ふぅぅ……」


 俺は一度浮ついた心を整える。

 そして藍葉の目をまっすぐに見つめ。


「どうって、職場の後輩だよ」


 嘘偽りのない答えを、思い切って言った。


 その瞬間。

 藍葉の表情が少し落ち込んだのがわかった。

 嘘を言っていないからこそ、俺も心苦しい。


「可愛いとか思わないんですか」


「かわっ……お前よくそんなこと自分から聞けるな」


 しかし流石は藍葉。

 こんな状況でもその肝の据わり具合は一丁前だ。


 俺は一瞬答えに詰まったが。

 聞かれた以上、正直に答えるしかなかった。


「可愛いとは思うよ」


「具体的にどのあたりがですか」


「顔とか年下っぽいところとか……まあそんな感じだ」


「そ、そうですか」


 すると藍葉はなぜか照れる。

 自分で聞いておいてそんな顔するとか。

 答えた俺の方も恥ずかしくなるじゃないか。


「じゃあ一つ聞きますけど」


 キリッと口角を戻した藍葉。


「可愛いのに何で私じゃダメなんですか」


 またしても羞恥心を抉るようなそんな質問を。


(お前のメンタルは鋼かよ……)


 ツッコミたくなるほどのタフさだが。

 あくまで当人はとても真剣なようだった。


「そりゃ俺が好きなのは麗子さんだからな」


 だからこそ俺も真剣に答える。


「じゃあ瀬川さんと私どっちが可愛いんですか」


「そんなの麗子さんに決まってるだろ」


 言葉は少しきついかもしれない。

 でも中途半端に期待をさせたくなかった。


 藍葉の気持ちを知ってしまったからこそ、俺にはその思いに真剣に向き合う義務がある。情けない姿を晒すのは、もう俺だってしたくない。


「そうですか……」


 ひとしきり俺の答えを聞いて、ぐっと口に力を入れる藍葉。そんな彼女の表情を見ていると、俺の心はチクリと痛んだ。


 でも、きっとこれでいい。


 自分のためにも藍葉のためにも。

 そして何より麗子さんのためにも。

 今俺がするべきことはきっとこれなんだ。


「センパイならそう言うと思ってました」


「えっ?」


 藍葉の言葉に思わず意表を突かれる。


「やっぱり瀬川さんの方が私なんかよりもお似合いです」


 そう言う彼女は、確かに笑顔だった。


 きっとこの子は悲しいはずなのに。

 俺の正直な答えのせいで傷ついたはずなのに。

 でもなぜか藍葉は、涙を見せずに笑っていた。


「すみませんいきなり変な話しちゃいました」


「ああいや……」


「飲み物、次もビールでいいですか?」


「あ、ああ」


 その笑顔の裏にどんな意図があるのかわからない。

 わからないが……。


 今の彼女を見ていると、胸の辺りがざわついた。





 * * *





「センパイ2000円でいいですよ。あとは私が出すんで」


「そ、そうか?」


「はい。誘ったのは私なので」


 藍葉は本当に会計をしてくれた。


 今日の会計は2人で5千円弱。

 にもかかわらず藍葉は2千円いいと言ってくれたのだ。


(どうなってんだよ本当……)


 いきなり好きだと言われたりだとか。あれだけ集りたがっていたのにいきなり金払うとか。この子がどんな思いでそうしているのかがわからない。


 ——センパイは私のことどう思ってますか。


 その質問の答えだってきっと藍葉はわかってた。わかっていたはずなのに、それでも俺に答えを求めた。


 自分が傷つくとわかっているのに、なぜそうまでしてこの子は、前に進もうとするんだ。


「それじゃセンパイ。今日はありがとうございました」


「駅まで送る」


「いいえ。今日は1人でも帰れますんで」


「そ、そうか?」


「いつまでもセンパイに甘えてられないですからね」


 ひらひらと手を振って去っていく藍葉。

 でもその後ろ姿は、なんだか彼女らしくない。


 表情が見えるわけじゃない。

 だけど俺はわかってしまった。


 俺に背を向けたその瞬間。

 抑えていた何かが溢れ出るその様が。

 力のない背中から、それが伝わってしまった。


「ごめんな……藍葉」


 不意に出た意味のない謝罪。

 彼女の想いに応えられなかったという無力感、そして情けない自分の生き様に、俺はしばらく、空を見上げながら立ち尽くしたのだった。







 ブルッ。


 ポケットに入れていたケータイが鳴った。

 その振動で呆けていた俺はふと我に返る。


「堀?」


 ケータイを開けば。

 どうやら堀からの着信のようだ。

 すぐさまタップしてメッセージを開いた。


『保坂、今大丈夫か』

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

新規登録で充実の読書を

マイページ
読書の状況から作品を自動で分類して簡単に管理できる
小説の未読話数がひと目でわかり前回の続きから読める
フォローしたユーザーの活動を追える
通知
小説の更新や作者の新作の情報を受け取れる
閲覧履歴
以前読んだ小説が一覧で見つけやすい
新規ユーザー登録無料

アカウントをお持ちの方はログイン

カクヨムで可能な読書体験をくわしく知る