火力こそ正義なゲームで不遇なタンク職を極めた男、集団転移でモテ期到来

猫鍋まるい

第1話

 空を覆うように広がる大木の枝葉に太陽光が遮られ、昼間だというのに薄暗いことから近隣の民には「夜霧の森」と呼ばれているこの場所で。


 魔物が徘徊するエリアにも関わらず不用心に背中を曝け出し、地面に生えたキノコをせっせと採取している男がいた。


 男の名はジーク、竜の血を引く亜人族の冒険者だ。


 案の定。


 この辺りを縄張りとする魔物、ブラウンスターウルフの群れに発見されたジークは自身が恐ろしい狼たちに取り囲まれている事に気付いた様子もなくホクホク顔でもぎ取ったキノコを袋に詰めていた。


「グルアァァァ! 」


 群れの長であろう個体の雄叫びを皮切りに、ブラウンスターウルフは一斉にジークへと飛び掛かる。


 鋭い牙に爪、軽く十体はいるであろう狼たちの猛攻が冒険者ジークを襲うのだった。






 ◇◆◇






「残念、ゼロダメージですよっと」


 薄暗い部屋でそんな独り言を零しながら、俺は手探りで飲みかけのソーダを探し乾いた口を潤した。


 現在俺が遊んでいるのは世界初の新世代VRMMOとして知られるエンドレスガーデンオンライン、通称EGOだ。


 EGOは2000年代前半に地球に飛来して以来世界の技術その発展を大幅に加速させた事で知られるエデンクリスタルという宇宙産の特殊な石の力を用いて作られた次世代のオンラインゲームだ。


 今やエデンクリスタルがもたらした技術は新しい生活の基盤を築いており。


 そんなエデンクリスタルの力を活かしてつくられたこのゲームは、瞬く間に世界で最も遊ばれているゲームとなった。


(さて、採取も終わったことだし…)


「反撃にうつるとするか…」


 群生していたキノコの表示が消えた事で、これ以上採取を続けても無駄だと判断した俺は即座に戦闘態勢をとる。


 俺のプレイヤーキャラであるジークはこのEGOでは珍しい…というか絶滅危惧種のタンク職だ。


 今活動しているエリア夜霧の森は俺のキャラの適正レベルより50以上レベルが低い地域なので、この場所でジークにダメージを1でも与えられる敵は存在しない。


 それが分かっていたので、敵に囲まれながらのん気にアイテム採取をしていたわけだが。


 相手は雑魚敵とはいえ、気軽に使える広範囲の火力攻撃を殆ど持ち合わせていない俺のキャラは地道に一体ずつ敵を叩いていくのでこの場を処理するのには時間がかかる。


 こんな時火力に特化したアタック職がいてくれれば楽だな~と思うのだがデスペナルティが軽く、ヒーラー職の回復があれば火力でゴリ押した方が楽に攻略できるEGOにおいてタンク職は半ば地雷扱いなのでわざわざ嫌な思いをしてまでパーティーを組む必要はないだろうと今のボッチ生活に至る。


(時間はかかるけど、一人でも殆どの場所を攻略出来るようになったしな…)


 クリアタイムさえ気にしなければ、敵に囲まれても一人で持ちこたえられ自己回復を挟みつつ地道に戦えば最終的には勝てるタンク職であればボッチでもこのゲームを楽しめる。


 もともとこのゲームは数少ないリアルの友人である光崎こうさき 優斗ゆうとの誘いで始めたが、ハクスラ好きの俺は数え切れないユニークアイテムが存在するこの世界でアイテム収集にどっぷりハマり。


 自分の好みだけで地雷扱いなタンク職をはじめてしまった俺にあまり付き合わせるのも悪いと思い、今は優斗ともあまりパーティーを組んでいない。


(アイツは優しいから定期的に俺を誘ってくれるけど、他の面子にはあまり歓迎されてない空気だから行き辛いんだよな…)


 とはいえ、優斗は幼稚園からの腐れ縁で中学時代勘違いからいじめられていると思い不登校になりかけた俺を毎朝根気よく学校に引っ張っていき持ち前の人当たりの良さとイケメンスマイルで無事にクラスに馴染ませてくれた聖人のような奴なのでゲームでの付き合いが悪いからといって気まずくなるような事はない。


ユノ > 竜ちゃん、今平気?


(お、優斗からか。 クエスト中に個人チャットを送ってくるなんて珍しいな)


 ピコンという音と共に、ユノというプレイヤーから話しかけられた。


 ユノというのは優斗のプレイヤーキャラの名前で、ネコミン…猫耳が生えた獣人族の女キャラだ。


 猫耳の女キャラを使っているが、優斗がネカマだというわけではなくEGOでは男女でキャラ性能に若干の差があり女キャラは総じて火力寄り、男キャラは体力などの生存寄りの初期ステータスをしているのでこのゲームの男女比は女キャラが九割…もしくはそれ以上を占めているらしい。


ジーク > 平気だぞ


ジーク > てか、いい加減ジークて呼んでくれよ


ユノ > え~竜ちゃんは竜ちゃんだからなー


ジーク > ……お前


 ユノが先程から口にしている、竜ちゃん…という呼び名は俺の本名である竜也りゅうやからきている。


 優斗は幼稚園の頃からずっと俺の事を竜ちゃんと呼んでいるので、ゲーム内だからと今更注意してももう手遅れかもしれない。


 ちなみに、俺が中学の時にいじめられていると勘違いしてしまった件にもこの名前が絡んでおり。


 竜也という若干厳つめな名前と中学一年で既に身長180越え、加えて生まれながらの強面から目を付けられたらお終いだとクラスメイトに思われてしまい結果的にクラスから浮いてしまった事が原因で俺は不登校になりかけたのだ。


ジーク > で、どうした?


ユノ > ??


ジーク > いや、わざわざクエ中にきたから


ジーク > なんかあったのか?


ユノ > あ!!!


 ゲーム内でフレンド登録をしている者同士は相手が今何をしているかが大体分かるので、戦闘で忙しいかもしれないクエスト中にわざわざ話し掛けてきたという事はなにか重要な用事があるのかもしれない。


ユノ > 竜ちゃん、ミルッチでレナ@EGOって検索してみて!


ユノ > その人、今ライブやってて


ユノ > 魔神レイド、初クリア出そうなんだよ!!


ジーク > マジか!?


 チャットに目を通すなり俺は慌ててメニューの外部リンク画面を開き、動画配信サービス「ミルッチ」をサブで立ち上げレナ@EGOを検索する。


 魔神レイド、EGOのサービス開始当初から存在するこのレイドは今まで誰一人として攻略に成功しておらず。


 このレイドに初クリア者が出た時、この世界で何かが起こるといわれている。


 恐らく、レイドのクリアに連動してEGO内で何らかの大規模イベントが起こるのだろうが…。


 まずは。


(一プレイヤーとして、魔人レイド初クリアの瞬間を見逃すわけにはいかねぇ…! )


 お目当ての配信を見つけ、俺は早速視聴を開始する。


 噂を聞きつけたのかもとよりレナという配信者が人気なのかは分からないが、既にこのライブは35万人以上のユーザーが同時視聴していた。


(そりゃあ、集まってくるよな…)


 世界に変革をもたらす魔神レイド。


 今、この瞬間EGO史上初のレイドクリア者。


 魔神を討つ者が現れようとしていた。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

新規登録で充実の読書を

マイページ
読書の状況から作品を自動で分類して簡単に管理できる
小説の未読話数がひと目でわかり前回の続きから読める
フォローしたユーザーの活動を追える
通知
小説の更新や作者の新作の情報を受け取れる
閲覧履歴
以前読んだ小説が一覧で見つけやすい
新規ユーザー登録無料

アカウントをお持ちの方はログイン

カクヨムで可能な読書体験をくわしく知る