なぜ高校生や初心者が書いた小説がカクヨムのランキング上位や人気作になれるのか?

山下ひろかず

人気作になるのは面白い小説ではなく〇〇〇〇小説

 まず最初に結論を言います。


 人気作になるのは面白い小説ではなく『読まれる』小説である。


 初めての方、初めまして!

 そしてお知り合いの方こんにちは!

 山下ひろかずです。


 この創作論を手に取っていただき、

 本当にありがとうございます!


 この創作論を手に取ったあなたは、

 おそらく小説家になるという、

 『夢』を叶えるために、


 毎日頑張ってるけど全く読まれない。

 感想や評価がもらえないと悩み、


 または小説を書いてみたいけど、

 どうせ自分には才能がない。


 読まれないと時間の無駄になる。

 だから止めておこう。

 と行動できずにいると思います。


 一方でランキング上位や、

 高評価の小説を読んだ時に、


「内容と評価が合ってないような?」

「自分の小説の方が面白いと思うけど?」

 と首を傾げたことがあると思います。


 さらにその小説の作者ページを見ると、

「高校生です!」「初心者です!」とあり、


「ちょっと待て! 長年本気で小説家を目指している私の小説が高校生や初心者以下だって!? そんなわけないだろ!」


 と悔しさのあまり唇を噛んだり、


「どんなに頑張っても高校生や初心者に負けるくらい、私には才能がないのか……」

 と落ち込んだりしたこともあるでしょう。


 私もそうでした。

 良い小説を書けば必ず読んでもらえる。

 評価されると信じて書き続けたのに、


 PVが増えない日々が続き絶望しました。

 いったい何が、何が違うんだ!


 そこで私は高校生や初心者の小説が、

 カクヨムのランキング上位や人気作に、

 どうやって成り上がったのかを調査。


 そして辿りついた答えが冒頭の、


 人気作になるのは面白い小説ではなく『読まれる』小説である。


 だったのです。


 あなたはスポーツやバトルものの作品で、


「強い者が勝つんじゃない。勝った者が強いんだ」


 という言葉を聞いたことがあるはずです。


 これはまさに

『強い者でも状況が悪ければ負ける』

『弱い者でも上手く戦えば勝てる』


 という真理を突いた言葉で、

「違う!」と言う人はいないでしょう。


 それではあなたに質問です。


 面白いけど読まれないあなたの小説は、

『負けた強い者』と『勝った弱い者』の、

 どちらに当てはまりますか?


 ……もう分かりましたね?


 面白い小説が読まれるんじゃない。

 読まれた小説が面白いと評価される。


 実力主義ではなく民主主義なんです!


 あなたの小説が評価されない理由は、


『面白いけど読まれる小説じゃない』です。


 それにこうは思いませんか?


 高校生や初心者に面白い小説は無理でも、

 エロ釣りや無計画な出オチを使った、

『読まれる小説』なら書ける可能性がある。


 そしてカクヨムでの評価は質ではなく量。


 読まれない名作が負けて、

 読まれる凡作が勝つのは当然なのです。


 さらに私が調査を進めたところ、

 カクヨムには無名の作者の小説でも、

『人気作にしてくれる仕組み』があり、


 人気作を書いた高校生や初心者は偶然、

 これを上手く利用していました。


 それに加え私がビジネスや心理学を勉強し

 編み出した「読まれるテクニック」を使い

 小説を書くと5か月で★500を達成しました


 私が人気作の定義を★500にした理由は、

 ★500がカクヨムの検索でに最上ランク、 


 これだけ評価されたら編集者がチェックし、

 拾い上げで書籍化する可能性があるからです


 さらに検証した小説は常にランキング下位と、

 バズらず地道に評価を伸ばして達成しました。


 この読まれるテクニックをあなたの小説に使い


 あなたが「内容と評価が合ってない」と思う、

 人気作に見劣りしない程度のPVを獲得すれば


 それ以上の評価が獲得できる、

 もっと言えばそれらの小説を押しのけて、

 人気作になれると思いませんか?


 だってあなたの小説の方が面白いんですから

 それに応じた評価を得て報われるべきだし、


 読者もあなたが書いた上質な小説が読める。

 みんな幸せになって最高じゃないですか?


 そもそもあなたが小説を書いているのは、

 読者に元気を与えたい。感動させたい。

 心からの熱いメッセージを届けたい。

 そんな高い志を持って書いてるんですよね?


 じゃあ読まれなきゃダメじゃないですか!


 どれだけ素晴らしい物語や文章を書いても、

 読まれなきゃ書いてないのと同じでしょ!


 それに読まれさえすれば勝てる、評価される

 プロになれる可能性があると思っているなら

 読まれるようになりましょうよ!


 このまま自分にどれ程の可能性が、

 眠っているのか分からないまま、


 チャンスさえ与えられないまま、

 夢を諦めていいんですか?


 ……いいわけないでしょ!


 小説を書こうか迷っている人も、

「あの人たちが羨ましい」

「自分もそうなりたい」と、

 思ってるならなればいいじゃないですか!


 学生時代の私の国語の成績は平凡で、

 読書も嫌いではないが誰かに薦められるなど、

 きっかけがないと読まない人間だったので、

 将来小説を書くとは全く思いませんでした。


 そんな私でも★500を達成できたんです。

 あなたにできない理由がありますか?


 試しに書いてみたら意外と才能があって、

 そこから人生が変わるかもしれませんよ?


 この創作論は他の創作論とは違い、

自分の小説を読まれたければ他人の小説を読め

 という根性論は一切言いません。


 だって読むの面倒臭いじゃないですか?

 というか読んでも読まれないじゃないですか?


※カクヨムにおいて読み合いや相互評価は、

 不正ではないと正式にコメントが出ています。

(評価の確約や依頼、強制は禁止されています)


https://kakuyomu.jp/info/entry/2020/11/30/170000


 それにあなたが欲しいのは作者からではなく、

 読者からの純粋な感想と評価ですよね?


 そもそも人気作を書いた高校生や初心者は、

 多分SNSなどで小説の宣伝をしてないし、

 読み合いなどの営業もしてないはずなので、


 同じ条件でやらないと効果を証明できない。

 そう思ったのでやらずに結果を出しました。


 そしてマネできないと紹介する意味ないので、

 大半が5~10分でできる簡単なテクニックです。


◆◆◆紹介する予定の内容◆◆◆


・高校生や初心者の成り上がり方の解説

・似ているのに人気作になる・ならない小説の差

・読まれるタイトルとキャッチコピーの書き方

・1か月平均さらに約100フォロー増える紹介文

・小説の質を上げても評価が上がらない理由

・惹きが強くて離脱率も低い冒頭を書く方法

・読者に★を入れてもらえる確率が上がる方法

・読者が平凡な小説に★を入れる理由

・人気作になりやすい・なりにくい連載開始時期



 なおこの創作論は読まれるテクニックのみ、

 面白い小説については語らない予定です

(テクニックの説明上必要な場合は除く)


 理由は面白さというものに答えはなく、

 作者の数だけ答えがあるものであり、

 面白さの押し付けや論争を防ぐためです。


 なのでこの先紹介する内容も強制ではなく、

 使えると思ったものだけ使ってください。


 この創作論が読まれたことによって、

 埋もれている名作が日の目を見て、

 新たな才能が誕生することで、

 カクヨムが活性化することを祈っています。


 最後に検証前の私の実績を記載します。

 正直、書いてて悲しくなる程のザコなので、

「この人でもいけるなら自分もいけるかも?」

 と励みになれば幸いです。


◆◆◆山下のステータス◆◆◆


執筆歴……………………9年(2012年4月~)

コンテストの成績………1次選考通過が1回

ファンの人数……………0人

学生時代の国語の成績…5段階中3~4

1年間で読む本の数……5冊くらい


◆◆◆前作の評価◆◆◆


作者以外の評価ほぼ0(現在は非公開)

他サイトで毎日更新したものの

完結時(全50話)のブクマ1・感想0件

1日の平均PV10以下


◆◆◆検証した小説◆◆◆


無名の頃から応援している人気VTuberが元カノの妹のSSS級大和撫子だった件


https://kakuyomu.jp/works/1177354054954057724


★500獲得までにかかった期間……5か月

(2020/12/12~2021/5/11)


日間ランキング最高16位(数日で陥落)

週間ランキング最高25位(Top30入り数回だけ)

3月中旬頃からはTop100入りさえほとんどなし

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

新規登録で充実の読書を

マイページ
読書の状況から作品を自動で分類して簡単に管理できる
小説の未読話数がひと目でわかり前回の続きから読める
フォローしたユーザーの活動を追える
通知
小説の更新や作者の新作の情報を受け取れる
閲覧履歴
以前読んだ小説が一覧で見つけやすい
新規ユーザー登録無料

アカウントをお持ちの方はログイン

カクヨムで可能な読書体験をくわしく知る