言の葉の刃を握る

作者 裕福な貴族

20

7人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

 言葉の殺傷効果についてが書かれている内容。
 匿名の誹謗中傷というのはいわゆる自己顕示欲が満たされないかつ、個人しかいない認識をもつ人間の行う行為だと私は思います。

 子どもの頃からいじめをしてきてその矯正をこれまでしてこなかった人間や、いじめをされてそういう被害があることが当たり前な世界だと認識している場合とかなのかなあと個人的に想像したりします。(※それ以外もあるでしょう)

 SNSで大事なのはやっぱり励ましかなと思います。そのためのツールでもあると思います。マツコ・デラックスさんは2ちゃんねるは最初はそういう場所だったとテレビで言っていたような気がします。

 自分はこんなに裕福なんだというアピール・だからこれはその証明だよ(君たちにはできないよね、持ってないよね、行けないよね、食べられないよね)!
 みたいな自分しか気持ちよくなれない記事を書くと、実際にその記事を読んだ人が攻撃を匿名でしなくても、そのアピールって一方的な精神攻撃になってしまいますよね。


 面白いことにSNSの精神攻撃は言葉だけじゃないんですね。そしてその当てはまる内容って、個人によって何が該当するか分からないんですよ。人によってはそんなことでっみたいなのもありますでしょう。
 つまり現実社会でもネットでもどちらでも必ず目に入ってしまうものなんですよ。精神攻撃的に個人に当てはまってしまうような目視情報は。

 何が言いたいかと言うと、自分の目にそういう不快なものが入らないような環境を作っていくことが解決になるのかなあと思います。

 自分を否定する人を変えられれば居心地よいのは皆同じ。それはすべての人間が。それができないのが人間。動物だって性格や趣向がそれぞれ違います。つまり何がコンプレックス的な意味での攻撃になるか分からない、何がその人の存在を肯定することになるのか分からないかつ、自分に… 続きを読む