マリオネットインテグレーター2

MACK

【資料】登場人物紹介

今作は続編です。

 この紹介は一作目のネタバレが含まれておりますので、未読の方はご注意ください。


◆カート・サージアント  十五歳

 青い瞳、短い金茶の髪の少年。素直で真面目な騎士の鑑。

 大人しそうに見える女顔のせいでよく虐められるが、剣の腕はなかなか。父親不明の庶民の子として、黒髪の元侍女エリザに酒場で育てられたが、その実母は先代女王アリグレイド、父は宰相ヴィットリオ。

 両親も育ての親も亡くなっており、現在はピアの家に居候中。


 心優しく、周囲への気遣いが出来るが、自我を抑えがち。


◆ピア・キッシュ 二十五歳

 足を負傷し、長く隠居生活のような暮らしをしていた黒髪、金色の目の魔導士。歩けない時に作った人形を操り、時に人形に意識を移して活動する事も出来る。

 現在は歩けるようになっている(飛んだり跳ねたり走ったりはまだできない)。父親の後を継ぐ形で宮廷魔導士として働く。

 稀代の大天才と呼ばれるほどの実力を備えているが、本人はそう呼ばれる事を好んではいない。


 物事に対して執着心が薄く、諦めが早いのが玉に瑕。


◆ヘイグ・メイヤー 二十五歳

 褐色の瞳、茶色の長髪をまとめた体格の良い騎士団長。人格者で、ピアとは八歳ごろからの付き合いで、理解者。現女王グリエルマと最近結婚した。

 

 真面目で公正。しっかり者ではあるが、ピアと親友となれる要素はとても濃い。


◆グリエルマ・ウォートリー 二十三歳

 淡い金髪、若草色の瞳を持つ現女王。春の妖精の異名を持つふんわりした女性で、夫となったヘイグはもともと親戚。ピアとも幼馴染になる。


 意志薄弱だったが、今は前を向いてしっかりした女性になりつつある。


◆アーノルド・デルトモント 十七歳

 公爵家の三男。貴族としての階級が高いので、我儘三昧の甘やかされたお坊ちゃま。金髪巻き毛で、白い肌にはそばかすが散っており、更に糸目である。いつも取り巻きを引き連れて歩く。

 人形であることを知らず、ピアの操作する少女人形に恋心を抱いている。


 我儘で自己中だが、義理堅いところも。


  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

新規登録で充実の読書を

マイページ
読書の状況から作品を自動で分類して簡単に管理できる
小説の未読話数がひと目でわかり前回の続きから読める
フォローしたユーザーの活動を追える
通知
小説の更新や作者の新作の情報を受け取れる
閲覧履歴
以前読んだ小説が一覧で見つけやすい
新規ユーザー登録無料

アカウントをお持ちの方はログイン

カクヨムで可能な読書体験をくわしく知る