拾ったハンカチが推しのものだとは知らずに〜偶然ハンカチを拾ったことから、俺は憧れのアイドルと恋に落ちた。ただ、彼女が俺の憧れのあの子だってことを俺は知らない

作者 エリザベス

20

9人が評価しました

★で称える

レビューを書く

書かれたレビューはまだありません

この小説の魅力を、あなたの言葉で伝えてみませんか?