闇黒の悪役令嬢は溺愛される

葵川真衣

第1話 舞踏会

「君との婚約を破棄しない」

「…………」

 

 公爵令嬢リア・アーレンスは、混乱した。

 今夜、この舞踏会において、リアは彼から婚約破棄を突き付けられるはずだった。

 

 声を失い、完璧な美貌の婚約者を見つめる。

 

 ダンスを終えたばかりなため、背には彼の手が回ったままだった。

 宮殿の煌びやかな大広間には、人々がひしめきあっている。

 彼の肩越しに、メラニー・クルムの姿がみえた。


「ジークハルト様」


 掠れた声がようやく出て、リアは自らの婚約者――皇太子ジークハルト・ギールッツの名を口にした。


「なんだ?」


 ジークハルトは、リアとの婚約を解消し、メラニーと婚約すると、ここで宣言するはずではなかった?


「今……なんとおっしゃいましたの……?」

 

 彼は皮肉な笑みを唇に刻む。


「君との婚約を破棄しない、と言った」

「――あの、それは……」


 彼は目を眇める。


「オレは君を逃がさない。決して。オレから逃げられるなんて考えないことだな。もし、君がそんなことをすれば、どうなると思う」


 逃げるのではないが、帝都を離れるつもりではいた。

 彼はリアの耳元で、いっそ甘やかに囁いた。


「もし逃げれば、オレは君を殺す」

 

 憎悪ともいえる昏い炎が、彼の双眸に宿っている。

 

 リアは背筋が凍りついた。

 冷酷なセルリアンブルーの瞳を、呆然と見つめ返すことしかできない。




◇◇◇◇◇




(どうして……どうして婚約破棄されなかったの?)


 わからない。

 これはどう捉えるべき事態なのか。


 

 リアは大広間から離れ、控え室へ入った。

 

 休憩するための小部屋が幾つも並んでおり、その一室に足を踏み入れ、椅子に腰を下ろす。

 衝撃で指先がまだ震えていた。

 

 ――リアは一度目の人生を――二十代半ばで終えた。

 理由は謎だが、亡くなったあと、またリア・アーレンスとして生まれ変わり、二度目の人生を送っている。


 前世を思い出したのは、今から六年前。十歳の頃だ。

 最初の人生の記憶は曖昧である。

 そのため、二度目の人生でもそれなりに新鮮な毎日を過ごしていた。

 

 婚約破棄はショックな事だったから、比較的鮮明に覚えている。

 今回は心づもりを固めていた。

 婚約破棄しないと言われ、逆に衝撃を受けている。

 今生、前世と違う出来事は、起きていた。

 けれど――運命だと、婚約破棄の回避には動かなかったのに――。

 

「リア」

 

 呆然自失していると、兄のオスカーが休憩室に入ってきてリアに声をかけた。


「お兄様……」


 青ざめているリアをみて、オスカーは細い息を吐く。


「リア……殿下が、婚約を破棄すると?」


 オスカーは憂いながら、リアの隣に座る。


「殿下と侯爵令嬢メラニー・クルムが親密なのは残念ながら有名だから……。彼女と結婚するため、婚約を破棄すると? ほかの者にうつつを抜かすような男など――」

「違うの、お兄様……。ジークハルト様は婚約破棄しない、とおっしゃったの」

「…………なんだって?」


 兄も驚愕している。


(……そうよね……驚くわよね……)

 

 婚約破棄は時間の問題だと、皆、思っていた。

 リアに対するひどい噂が流れている。

 

 皇太子に近づく女性――特にメラニーを非道にいじめていた、さらに彼女の兄と不貞を働いた悪女だ、と。

 根も葉もない噂で、真実ではない。

 

 だがリアは悪役でいいと、婚約破棄も全て受け入れるつもりだった。

 前世同様、婚約破棄された後、帝都を出て冒険者として生きると決めていたのだ。

 

 前世、冒険の末に亡くなったものの、各地を旅することに、魅力を感じていた。

 

 リアは窓の外へと、ゆっくりと視線を移す。

 

 ジークハルトの先程の瞳が脳裏に焼き付いていて、離れない。

 昔好きだった初恋相手と、ジークハルトの容貌はよく似ている。

 

 ――リアは、まだ二度目の生だと知らなかった、幼い日々に思いを馳せた。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

新規登録で充実の読書を

マイページ
読書の状況から作品を自動で分類して簡単に管理できる
小説の未読話数がひと目でわかり前回の続きから読める
フォローしたユーザーの活動を追える
通知
小説の更新や作者の新作の情報を受け取れる
閲覧履歴
以前読んだ小説が一覧で見つけやすい
新規ユーザー登録無料

アカウントをお持ちの方はログイン

カクヨムで可能な読書体験をくわしく知る