御伽症・一休さん

さて私、中津川桜は今年が初めての担任だ。担任と副担任じゃ責任全然違う。勿論副担任は担任とは違うところが大変だし副担任が簡単なわけじゃないけど。大変すぎる。明後日から学校が始まってその時私が担当するクラスの子たちと顔を合わせることになる。

明後日の目標は自己紹介を成功させること。欲を言えば尊敬されつつ親しみやすい先生になりたい。

最後決まっている私のクラスの生徒の名前と中学校からの好評を見る。


もう既に私のクラス1の3組になる生徒の名前は確認しきっている。中学で問題児として書かれていた子も確認済み。初の担任でこの子たちをみたいな評価されてる子もいた。

一人目が入山理有さん。この子が一番ひどい言われようだった。私はこの子の名前当て字みたいな所あるからを間違えそうで怖い。よりによってこの子が出席番号一番。この子間違えたら印象悪すぎる。間違えにようにがんばるぞー。

そして通知表の内容は

「コミュニケーション能力に難がありクラス内での対立の中心にいることも多い生徒です。」以上。

もうこれ何なの?言われようが酷すぎる。これかいざんしたら怒られるよな。多分私の一休さん使ってもバレる。第一こんなことに使ったらバチが当たる。

次の問題児らしい生徒。馬瀬正乃君。

内容は要約すると不幸すぎて教室を破壊しかねない生徒らしい。

この子はどうしようも無いと思うけど。ただ脅威ではある。

三人目は大月礎君。

この子は問題児というより扱いに困る生徒らしい。男子として扱うのか女子として扱うのかわからないらしい。

さてもう既にこのクラスの担任をこなす自信がなくなってきた。

四人目が大森姫乃さん。

この子は拗らせちゃってるらしい。こんなこと書く?流石面接だけで合否を決めるぐらい変わった学校だ。予想以上の曲者が生徒も教師も多い。

その次が亀郎さん?

…人?ファーストネームどこに置いてきた?

通知表無し。人としての戸籍はない代わりに能力を報告した時の証明書を身分証にしてるらしい。人じゃなくてもいいから話が通じるといいな。

五人目が佐原謙太君。

この子も酷い。入山さんの次に酷い言われようだった。「自主性がなく大月礎君と一緒でないと何もできない」と書いてあった。これは酷い。

もしもここに書いてあることが全て本当ならあと二人ぐらい副担任としてついてほしいんだけど。

最後の問題児枠は宮守良治君。

内容は常に明るいがクラスがまとまらない時にもクラスの中心にいる生徒らしい。さてこれを書いた先生は何年目だろうか。私は3年目。私以上にキャリアがある先生だったらもうダメ。


もうやだ。次の休日まで生きてる自信ないから明日明後日を楽しむぞー。

お酒も用意したし、おつまみもお気に入りのを買い込んだ。もうここから動かないために愛用の長い鉄パイプも用意した。これで立たなくて済む。お手洗いは別にして。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

新規登録で充実の読書を

マイページ
読書の状況から作品を自動で分類して簡単に管理できる
小説の未読話数がひと目でわかり前回の続きから読める
フォローしたユーザーの活動を追える
通知
小説の更新や作者の新作の情報を受け取れる
閲覧履歴
以前読んだ小説が一覧で見つけやすい
新規ユーザー登録無料

アカウントをお持ちの方はログイン

カクヨムで可能な読書体験をくわしく知る