さようなら、愛していました。

作者 日富美信吾