サバイバー最弱の俺はハズレスキル『フェイカー』で天使な彼女とSランクを目指す

海翔

1章 覚醒

第1話 サバイバー

俺は唯一使えるスキルを発動する。


『フォッグ』


スキルの効果により敵ゴブリンの周りに薄い霧を発生させた。


「今です! お願いします」

「まかせろ!」


ゴブリンを討伐すべく残りのメンバーが攻撃をかける。


『ファイアボール』


俺の霧の効果で視界を遮られたゴブリンは、拳大の炎の玉をモロにくらって怯み,その隙を突いて後方からもう一人が一気に近づいて斬りつける。


「これで終わりだ! 『ウェイブブレイド』」


ゴブリンの背後から斬りつけた一太刀は見事に急所を捉えたようで、ゴブリンはそのまま消失してしまった。


「道高さんやりましたね」

「ああ、凛もなかなか良かったぞ」

「ありがとうございます」


俺は山沖凛一六歳。サバイバーとしては最底辺であるLV1だ。

この世界は日本時間の2033年5月3日1時24分に変わってしまった。

この日の深夜、突然世界中にモンスターと呼ばれる異形の敵が出現した。

後に分かった事だがモンスターはゲートと呼ばれる空間から現れ、人々を襲う。

突然現れた得体の知れない化け物の襲撃に日本中が大混乱を巻き起こしたものの、警察や自衛隊の奮闘もあり第一陣は相当数の被害を出しながらも鎮静化されたが、その後もモンスターの襲来は断続的に続き日本の人口は八千万人まで減ってしまった。

そして、モンスターの襲来と時を同じくして人類にも変化を起こす者が現れた。

ゲームの世界さながらにステータスとモンスターに対抗しうる異能のスキルを持つ者たちが現れたのだ。

幾度に及ぶモンスターの襲来で、低下した戦力を補完すべく、国家が異例の速さで整備したのがサバイバーと呼ばれる異能を持つ者たちで構成された組織だ。


俺の今のステータスだ。


山沖凛


サバイバーLV1


スキル  『フェイカー』《フォッグ3》


どういう理屈かいまだに解明されていないがステータスにはしっかりレベル制が組み込まれており、レベルの上昇と共にスキルや各種能力が強化される仕組みになっている。

俺がさっきの戦闘で使用したスキルは『フォッグ』だが俺の本当の能力は『フェイカー』

間近で見た事のある他人のスキルを1つだけ模倣出来る能力だ。

新しいスキルを模倣するとそれまで覚えていたスキルは消失して、再び間近で見ない限り再度模倣する事は出来ない。

『フェイカー』が発現した時は色々なスキルが使えるスペシャルスキルだと喜んだが、それは大きな間違いだった。

『フェイカー』で模倣したスキルは、オリジナルスキルの半分以下の効果しか発揮しなかった。

コモンスキルの『ファイアボール』等の攻撃魔法も模倣したりしてみたが、残念ながらモンスターを倒す程の威力はなく、逆にモンスターの怒りを買いターゲットにされて殺されかけたので、今は他のサバイバーの補助に徹して、戦闘では目眩しの一種である『フォッグ』を使っているが、それもレベル1の俺に使えるのは一日に三回だけだ。

モンスターは魔核と稀にドロップアイテムを残す事があるので、それがサバイバーの収入源となっている。

ちなみにゴブリンの魔核は一個で一万円程度だが三人で倒したので換金後それぞれに分配されるが、サポート役である俺の取り分は二千円だ。


「それじゃあ、次もよろしくお願いします」

「ああ、またな」


今日も換金後現金で受け取って家に帰っている。

残念ながら直接的な攻撃手段を持たない俺は、扱いが悪く身入りも悪い。

ここのところずっと臨時パーティで、他のメンバーがレベルアップするまでの間の仮メンバーとして入れてもらっている。


あとがき

モブから始まる探索英雄譚1の発売から1週間が経ちましたが、多くの買ってくれた読者のおかげで緊急重版そして2巻の発売日が決定しました!9/1(水)です。

まだの方は1巻を買って2巻発売に備えてください。よろしくお願いします。

コミカライズも8/24(火)スターとです!

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

新規登録で充実の読書を

マイページ
読書の状況から作品を自動で分類して簡単に管理できる
小説の未読話数がひと目でわかり前回の続きから読める
フォローしたユーザーの活動を追える
通知
小説の更新や作者の新作の情報を受け取れる
閲覧履歴
以前読んだ小説が一覧で見つけやすい
新規ユーザー登録無料

アカウントをお持ちの方はログイン

カクヨムで可能な読書体験をくわしく知る