平等

あんび

勉強熱心

『何だい、男の癖に!』

この表現の意味が分からず先生に聞きに行く。


「ああ、今はもう誰も性別に囚われなくなったからな。ピンと来なくても仕方ないさ」


つい首を捻ってしまった。

「先生。そもそも、『性別』とか『男』ってなんですか?」

旧人類の遺した文書は未知の概念だらけで非常に難解だ。


  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

平等 あんび @ambystoma

★で称える

この小説が面白かったら★をつけてください。おすすめレビューも書けます。

カクヨムを、もっと楽しもう

この小説のおすすめレビューを見る

この小説のタグ

参加中のコンテスト・自主企画