妻に浮気された夜からJKと同居することになりました。しあわせに暮らしているので今さら謝られても相手にしません

作者 鹿ノ倉いるか