宮廷の『スキル調律師(チューナー)』 我が国のスキルに調律は必要ないとお払い箱になったので、早期リタイアして旧友のいるエルフの里で暮らす。後になってスキルが暴走したので戻ってきてと言われても困るのだが

作者 佐藤謙羊

3

1人が評価しました

★で称える

レビューを書く

書かれたレビューはまだありません

この小説の魅力を、あなたの言葉で伝えてみませんか?