第30話 羅刹あいはイチャイチャしたい

 ある日の午後――――

 春近は、今後の事を考えながら廊下を歩いていた。

 特級指定転生者をとりこにしろと言われているが、自分にはその自信が無い。

 先日の件もあり、大嶽さんとトラブルになりそうで気が引けている。


 実はすでに二人は殆ど落ちて……いや堕ちているのだが、春近はまだ気付いていなかった――――

 

「ゴールデンウィークか……」

 ルリから、ゴールデンウィークに遊びに行きたいと誘われている。

 何処に行こうか?

 そもそも、この学園って外泊許可とか出るのか?

 陰陽庁長官が変わったから大丈夫なのかな?

 

「何がゴールデンウィークなの?」

 いきなりつかまれて声をかけられた。


「あいちゃん!」

 羅刹あいは、春近の首に腕を回し引き寄せてくる。


「わっ、胸が!」

 大きくて柔らかい胸が顔に当たる。


「わざとだから気にしないで良いよぉ」

 春近は彼女に引きずられて連れて行かれた――――



 屋上――――

「ここなら誰もいないよ」

 屋上に連れ込まれ、回した腕に力が入り二人は密着する形になった。


「ねぇ、ゴールデンウィークとか言ってたけど、どっか行くの?」


「あ、旅行とか……」


「いいね! うちも行きたーい!」


「でも、ルリ達と行く予定なので……」


「えぇー いいじゃん! うちらも行くー 渚っちも連れてくし」

 ルリと大嶽さんと合わせたら、またケンカになりそうな気がする。

 二人が仲良くなれば問題は解決しそうだけど、いきなり一緒に旅行に行って余計に険悪になると元も子もない。


「あの子も、ちょっと大人しくなったから大丈夫だよー」


 本当に大丈夫なんだろうか……

 先ず、ルリ達に聞かないとならないけど、この二人なら強引に付いてきそうな気もする。


「それよりぃ……はるっちってさー 美味しそうだよねぇ~」


 あいちゃんは、もう一方の腕も回してきて抱きつく恰好になる。

 更に両足も回して完全にロックされる。

 彼女のムチムチした健康的で艶やかな褐色の肌が、体のアチコチに密着し変な気持ちになってしまう。


 むぎゅー

「ちょっ、動けない……」

 凄い腕力で全く動けない。


「怖がらなくてもいいよー 優しくするしー」


 ちろちろちろ――――

「うぁ、くすぐったい!」

 耳を舐められた。


「もぉ、そんなにビクビクしちゃって、かわいい~」

 舌を耳に入れてチロチロさせながら、指先を優しく体中に走らせてくりくりとイジってくる。


「ほらぁ、うちらも連れていってくんないとぉ、もっと凄い事しちゃうよぉー」

 あいちゃんの舌も指も凄いテクニックで、弱点を攻めまくってくる。

 耳から首筋に熱い吐息といきがかかり、頭の中がトロトロにされていくような感覚だ。


「どう? 連れてきたくなった?」


「そ、それは……」


「ふぅーん、口ではそんな事いっても、こっちはこんなんなってんですけどー」

 下半身に手が伸び、熱くなっている部分をコチョコチョされる。


「わぁぁぁぁぁー! 分かりました! 連れていきます!」

 陥落させられてしまった……


「やったー!」


 どうしよう……ルリ達に伝えたら凄く怒りそう――――




 自室でくつろぐ大嶽渚のスマホにメールが届いた。

 アプリを開くと、羅刹あいからの衝撃的急展開の文面が飛び込んでくる。


 ――――ゴールデンウィークに、はるっちと旅行に行くから、予定空けといてね――――


「なによ、これ!」

 突然の事に大声が出る。


 いや、これは好都合だ。

 旅行先で、あの男を攻め落として手に入れてやる。



 怒涛のゴールデンウィーク編が始まろうとしていた――――



  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

新規登録で充実の読書を

マイページ
読書の状況から作品を自動で分類して簡単に管理できる
小説の未読話数がひと目でわかり前回の続きから読める
フォローしたユーザーの活動を追える
通知
小説の更新や作者の新作の情報を受け取れる
閲覧履歴
以前読んだ小説が一覧で見つけやすい
新規ユーザー登録無料

アカウントをお持ちの方はログイン

カクヨムで可能な読書体験をくわしく知る